治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

民泊始めたい人必見!民泊物件の効率的な探し方!

今回は民泊を始めたい人必見の、実際に民泊物件を探して新宿区役所や消防署へ出向いて分かった、民泊物件の効率的な探し方をご紹介します。さまざまな探し方がありますが民泊物件は無下に不動産に問い合わせるとNGくらい易いです。

 

しかし、実は各区役所の公式HPに現状で民泊承認を下している物件リストがあるので、そこから逆算して民泊物件を探すという方法が最も効率的です。また、承認をもらうための交渉先と条件なども合わせて紹介していきます。

 

目次

 

民泊物件を探す上での問題

民泊を始めたいという方には、これから探す人もすでに探している人もいると思います。しかし民泊物件を探す問題として、物件数がそもそも少ない、不動産が紹介を面倒がる、オーナーも面倒がる、という問題に直面するでしょう。

 

f:id:captainpentagon:20180827114155j:plain

民泊物件は数が少ないし不動産は面倒がる

まず、民泊物件が数がそもそも少ないです。民泊専門サイトでも都内で200件程度しか公開されていません。また、不動産に民泊物件の紹介を求めても、トラブル回避の目的でそもそも紹介してません、という場合や、どうせオーナーに断られる場合もあるため、確認するのが手間なので面倒がられます。

 

そのため、民泊物件を探す上では、端的に民泊をしたい、といって問い合わせすると門前払いを受ける可能性が高いです。事前に民泊をしている部屋があるといったとしても、面倒がられますのでやめたほうが賢いです。なので、まず賃貸として考えていると伝えて、部屋だけとりあえず内覧しておき、民泊紹介してくれる不動産を別に押さえておくと賢いです。

 

民泊物件はオーナーも嫌がる

また、民泊物件はオーナーも嫌がります。やはり、民泊というとイメージが悪いのか、だいたい断られます。なので、建物として民泊OKでもオーナーがNGなら部屋単位でNGとなります。

 

しかし、この後紹介する方法では全部屋OKな建物が見つけやすいのでぜひ参考にしてみてください。筆者もこの方法でローラー式で探しています。

 

民泊物件の効率的な探し方

どんな方法かというと、民泊を始めるエリアとして考えている区役所の公式HPにアクセスして、民泊承認を下している物件リストが乗っているのでそれを手に入れることです。直接区役所に行ってももらえると思います。

 

そのリストには、承認を下している物件のみでているのでまず問題ないです。また、同じ部屋がいくつもあるものは、建物として民泊OKと考えて問題ないです。なので、あとは空き部屋があれば民泊開始できると考えていいでしょう。

 

www.marunouchi.tech

 

民泊物件の営業承認を貰う方法

 そして、民泊物件の承認を貰う方法ですが、基本的にそこまで難しくありませんが、簡易宿所の場合は少しハードルがあがります。

民泊物件の営業承認は区役所と消防署

 まず営業承認先は、区役所と消防署になります。そして重要なのが、消防署でOKであれば、区役所の場合は基本的にOKです。これは新宿区役所にいって担当の方がいっていたのでまず間違いないです。

 

区役所はそこまで用途地域などの制限はあるものの、民泊物件においてそこまで難しハードルをもっていません。しかし、消防署はそれなりのハードルを有しています。

民泊物件の営業承認は消防署が鍵

 消防署ですが、まず担当しているエリアによって確認先が変わりますので、必ず確認してほしい物件の住所を覚えてから電話してアポを取りましょう。あるいは、竣工図などを求められる場合もあるため、事前に準備をしておきましょう。

 

 これまでに申請のあった物件の場合は、比較的消防署内あるいは区役所内で履歴をのこしているため、住所と物件名を言えばスムーズに確認ができます。しかし、そうではない初めての物件の場合は、竣工図などの資料をもとに審査が必要になるため、それなりに時間もかかるようです。

 

www.marunouchi.tech

 

民泊物件の承認は民泊新法か簡易宿所かで基準が変わる

また、みなさんご存知でしょうが、民泊物件は民泊新法による運営か、簡易宿所(ゲストハウスのような感じ)による運営かの2つの方法があります。これには明確に違いがあり、全社の場合は年間で180泊が最大上限になりますし、後者ではその上限がありません。なので、民泊運営する場合は後者の簡易宿所がおすすめで利益も出やすいようです。

 

しかし、簡易宿所の場合は審査が民泊新法よりも難しいようで、実際に筆者も消防署や区役所に確認したところ、簡易宿所の場合は専用の階段やエレベータ、全部屋にスプリンクラーの設置などが求められます。

 

従って、簡易宿所の場合は必然的に戸建てでないと相当厳しいです。個人や小さな資本でのスタートで簡易宿所の場合は戸建て4LDKなどでゲストハウスのようなイメージで始めるとよさそうですね。

 

 

 

www.marunouchi.tech

 



 

民泊物件を効率的に探す方法まとめ

民泊物件を効率的に探す方法まとめとしては、まず区役所に行くか区役所の公式HPで民泊承認が下りている物件のリストを手に入れる、これから始まります。そこから、気になる物件を決めて空き部屋があるか不動産に確認して、実際に内覧します。

 

ここでは最初から民泊というと嫌がられますから、内覧することを目的にしてリンでの契約ということをお勧めします。そこから気にいればいくらでも方法はあるので、まずはそこを念頭に置いていくといいでしょう。

 

あとは、民泊物件の場合は運営方法も代理運営でないと相当厳しいので代理運営してくれる業者も複数見積もりして比べられるようにしておくとよいと思います。業者によってサービス内容や金額に大きな違いがあるため、比較して検討すると納得感の高い運営が出来そうです。