治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

幸せになるための習慣やコツ

幸せになるための習慣やコツ

目次

 

GWに一足早く入る僕です。今日は実ははてなブログPROに加入した記念すべき日なのですが、原点に立ち返って幸せを考えてみます。約30年生きてきて感じた自分にとっての幸せです。

 

自分にとっての幸せの公式を考える

まず幸せって客観的な部分もあるけど、ほぼ主観的つまり自分自身が決めることだと思いっています。まだ周りと比較しているうちはいつまでたっても幸せになれないのかなと。つまり、自分にとっての幸せの尺度や公式が何なのか、そしてその要素を最大化する方法を考える、これだけっちゃこれだけです。

 

自分の場合は、幸せ=その時その時の自由-ストレスという極めてシンプルな公式になります。つまり場面場面で取り得る選択肢が多いこととストレスが少ないこと、これに尽きます。

 

別に美味しいご飯を毎日食べなくていいし、いい服をきたいわけでもない、けどストレスだけは減らしたいというパターンなので以上の要素になります。そうすると、じゃあどうやって選択肢を増やすか、ストレスを減らすかですが、おおよその人生のイベントとなぞらえて考えてみました。

 

幸せになるためのマネーマネジメント

まず選択肢についてです。マネーマネジメントと書きましたが、おおよその選択肢は可処分所得に比例します。可処分所得が多ければ人生で取り得る選択肢は増えますよね。旅行にも行けるし、なんだってできます。

 

じゃあどうやって所得を増やすか、これはいろいろ戦略がありそうですが基本的にサラリーマンとしてやっていくと労働収入しか得られないですし、偉くなればなるほど仕事は大変です。

 

なので、一定の収入まで行けば不労収入を目指すのが自分はいいなーと思っています。ハッピーになるためには自由時間も必須ですし、何より可処分時間がないと豊かな生活を送りたくても送れませんし。

幸せになるためのストレスマネジメント

こちらはも大事です。人生でかかるストレスは結構多いです。一方であまりマネジメントされる対象になっていないのも事実です。例えば、通勤電車も独身のうちは会社の近くに住めば回避できますし、着る服も考えたくなければ大前さんのように同じ服を3着買えば面倒なことも減ります。

 

日々、何にどれだけのストレスを感じているか把握して、対策をとる。これだけでもストレスによる幸福の減少は回避できますよね。あとは、発想を逆転させて何があれば癒されるかも考えるといいかもしれません。ペットとかもアニマルセラピーって注目されていますよね。

 

人間関係による疲れもあるのであれば、距離をとるなり別れるなりするのもいいでしょう。もちろん最愛の人に出会うのが一番ハッピーになれるに違いないでしょうけども。

 

幸せになるための目標をつくる

これは心理学的な側面もありますけど、節目節目で振り返る目標を作ることも幸せにつながるでしょう。目標を達成した時に感じられる達成感もありますし、何より日々の充実を確保できます。

 

一番いいのは、自分の幸せにつながるであろう内容に対する目標を打ち立てるのがいいかもしれません。貯金であれば貯金の目標でもいいですし、客観的なものがいいのでだいたいは貯金になるのでしょうかね。

 

幸せを考えたら行動が変わる

大前さんの有名な言葉に、人生を変えるには、付き合う人を変えるか、住む場所を変えるか、時間の使い方を変えるかの3択しかないという言葉があります。幸せを考えて、このうちの何かを変えてみるといいことあるかも!しれませんな〜。