治験バイト情報などを紹介します

治験バイト情報などを紹介します

恋活アプリ体験談まとめてみた

恋活アプリ体験談まとめてみた

目次

 

 

みなさん、恋していますか?恋活アプリ使ってますか?今恋活アプリ市場は未曾有の大競争時代で、複数のアプリが様々な特徴を持ってリリースされています。そこで今回は、どの恋活アプリがどんな特徴があってどんな人に向いているのか?を体験談とともに徹底的にご紹介したいと思います。

 

価値観マッチングをベースにした新興勢力 With

【with】心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス
メンタリストDaiGo監修。運命よりも確実な出会いを!

 あのメタリストのDaiGo監修の価値観マッチングをベースにした恋活アプリです。

 

Withの価値観マッチングとは

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYAPAKU5347_TP_V.jpg

Withの価値観マッチングとは、DaiGoが監修している金銭感覚や性格などをアプリユーザに入力してもらい、そのデータをもとに男女の相性を分析しているマッチングシステムです。科学的にどれだけの信頼があるかはさておき、恋愛において金銭感覚や性格の価値観は確実に影響を及ぼすものなので信頼の置けるマッチングが期待できます。

ユーザ数と属性

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YAM__DSC1617_TP_V.jpg

Withはブランディングとして、女性目線を大事にしているようなプロモーションを行っています。なのでユーザの性質的には、若い20代の可愛い女性が多いです。会員数はおよそ55万人と言われています。パッと見た感じのアクティブ率は20%といったところでしょうか。

 Withをやるのがおすすめな人

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYAPAKU5460_TP_V.jpg

Withを始めるのがおすすめな人としては、やはり恋愛において相性を信じる方でしょうか。他のアプリとの差別化にもつながっているのが価値観マッチングシステムですので、この機能をある程度信じることが大前提となるアプリです。また若いユーザが多いように見えるので、結婚より恋愛を楽しみたいような出会いのきっかけを欲している男女にオススメです。

Withの月額課金料金は安め

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU17623A018_TP_V.jpg

Withの月額料金は 他のアプリよりも安めです。およそ500円ほど相場より安くなっています。まずはWithで始めるのも悪くないですね。


Withを使って読モ美女と出会えた

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/saya160104274702_TP_V.jpg

Withを使ってみた体験談としては、やはり特徴としては価値観マッチングが秀逸になっています。概ね価値観が異なる異性とマッチングする確率を下げられるのではないでしょうか。

読者が気になるのは結局可愛い子と出会えたのか?という部分かと思いますが、結論出会えましたよ。基本的に恋活アプリで出会うこと自体はそこまで難しくありません。属性としては、20代中盤で地方から大学進学で東京に来てそのまま東京で働いている女の子でした。本当に目力がすごくて、目があうとメデューサのように固まってしまう感じがするほどの女の子でした。

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA160105070I9A3021_TP_V.jpg

デート自体は◯座の中華で有名な、ジョーズシャンハイニューヨークに行きました。ここはまあ内装がお洒落というかゴージャスでして値段の割には良い思いができるお店です。なのでランチデートにもってこいです。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13117961/

 そんな感じで美女とデートを楽しむところまでは行きました。まあ、その後どうなったかは教えませんけど読者の方にも美女とデートするチャンスはいくらでもあるということです。

Withで美女とデートに出かけよう

 

長くなりましたがWithを使って美女とデートに出かけることは簡単にできます。そのためのテクニックも今までの経験と知識を伝授すれば身につくはずです。もしニーズがあればそのテクニックも開示していきたいと思っているので是非コメントしてください。

 

実は筆者は密かに恋活及び婚活をしており、今日はその書こうとして体験談と記録を恋活及び婚活中の仲間に残そうと思う。男も女も参考になるようにできるだけ書くので読んでもらえると嬉しいです。

 

使った恋活アプリはPairs

今回恋活アプリとして使ったのは、業界大手のPairsです。Pairsの特徴は会員数が多いこと、だっけかな。確かマッチング数はサイバーエージェントのタップルですね。でも、タップルは、UX設計上どうやってもマッチング数が増える構造なので当たり前な気もしますが、、何を言いたいかというと多分マッチングの質は低いんじゃないかと。まあ、自分が納得すればいいんです。で、今回はPairsで出会った女の子とのデートを中心に書いていきます。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

Pairsで出会った女の子のスペック

スペック的には、個人を特定できない範囲でもちろん書きますけど、理系院卒の方で年収も平均的な方でした。Pairsではすごいレアなんじゃないかな。大学卒がギリギリ入るくらいで院卒ってPairsに限らず少ないし、大手企業勤務ってのも少ないし。そんなわけで筆者も院卒なので相性は合うかなーと思っていいねをしたところ、マッチングして会話を進めていったわけです。

 

Pairsでどんな会話で盛り上がる?

これは本当に人によりますね。今回は、結構レアケースなんでしょうけど、結婚の条件や価値観のすり合わせ=ずれていないかの確認、あとは趣味があるかどうかって感じで会話していきました。

 

結構いますよね、ドウデモイイ会話をする人。恋活アプリであっているわけですから、まあドウデモイイ内容で楽しいならイイんでしょうけど、振り切ってドライかもしれないけど=そんなことないはずだけど、価値観とか話してもイイんじゃないかなと。特に、女性諸君には見て欲しいですけど、高所得者って忙しいですよ。忙しいから、ドウデモいい内容を話す余裕はないですね。

 

これはMixiが運営しているTailorって婚活サービスが需要があるのが根拠です。Tailorは、コンシェルジュがお互いのマッチングとデートセットまでやってくれるんです。その分お高いですが、でも結構ニーズがあるらしく会員はいるっぽい。

 

Pairsで出会ったデートどうだったのか?

結論から言うと、2回あったんですけど、初回はまあまあ上手くいったなーという感触で2回目のデートを約束して解散。2回目は後述するミスもあり、繋がらず。という感じです。

 

初回は、オシャンティーなエリアで有名な恵比寿・代官山エリアへ行きました。初回としては無難なんじゃないでしょうか。カフェでお酒飲みながら3時間程度お話ししました。ここでもやはりお互いの条件とか価値観とか趣味とかですね。いい時間おつかいかただったと思います。やはり、恋活婚活においてデートで時間を無駄にはできないので、ある程度探るではなくてストレートにお互いがうまく行きそうかを確かめ合う質問を中心にすべきです。で、次回の約束をして解散。

 

問題の2回目デート

恋活でのデートって2回目が鬼門だと思います。マジで。2回目がうまくいって3回目合えばだいたい付き合える可能性がぐっと高まります。2回目は合いやすいけど、続きにくいです。

 

で、結論から僕が失敗したことと、学んだことをシェアすると、失敗は①まずカフェで勉強するな!ってことです。当たり前すぎて悲しいです。デートで勉強って。。。②ハートをつかむまで絶対おごれ!の2つですかね。デートはマジで会話が生まれるデート設計にすべきです。なんでこんなミスをしたのか。特に、会話の中でうまくお互いがうまくいくためのポイントは何か、相性は合うかを確認しあうような会話リードができると最高です。まさに、ロジカルデート術。

 

②は、そうですね、男たるものおごれや!ってだけなんですけど、あくまでハートをつかむまでは紳士でいましょう。お金も出す、デートプランも考える。ハートをつかむまでは。女の子ってだいたい好きになれば許してくれるじゃないですか、向こうだって永遠に続くとは思ってないし、現実的にそこまで金持ちとも思ってないわけだから。

 

恋活中の女性向けのメッセージ

女性の場合だと、ヤリモクを避けたい、というのがニーズでしょうか。今回会った女性もやり逃げされたと吐露してました。ヤリモク、男的には傾向は絶対見えます。例えば、お昼に会いたがらない、関係性を言語化してこない、の2点ですかね。スタンスという意味では、あまり連絡がないとかかな。で、対策ですけど、自分がリードする気概でやってください。男に主導権渡すからこうなるだけです。デートはランチからとか色々工夫すればいいだけです。以上!

 

さて、これから新大学生になってキャンパスライフを迎える方も、すでに春を謳歌中の大学生も、これから社会人になって新たな大人の階段を上る方も、まずはデートをしなくては春を謳歌できません。

 

ということで今回は、誰でもこれをまずやれば失敗リスクを減らせるといういわばデートにおける食事の誘い方あるいは誘われ方を伝授したいと思います。誘い方や誘われ方を知っているか知らないかで、失敗を回避できるシーンはたくさんあります。

 

知識だけで差がつくなんて非常にもったいないです。なので、ぜひ読んで楽しいデートを迎えて欲しいです。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKA20160818230216_TP_V.jpg

初回デートの位置付け

さて、まずは初回デートの位置付けです。あなたが何を最終ゴールとするかにかかわらず、初回デートの位置付けはとても重要なものになります。サッカーで言えば、ファーストシュートみたいなものです。

 

これで、気になる異性に対してあなたという存在をどのように印象付けるのか?につながります。つまり、初回デートは今後の関係性につなげるベースとなる印象づけのデートになるのです。

初回デートを誘うときに考えるべきこと

そんな大事な初回デートですが、どのように誘えばいいのか、あるいはどう誘われるように仕向ければいいのか皆目見当つかない方もいるでしょう。でも安心してください、簡単ですよ。

 

と言わんばかりに基本的なところを押さえた上で実践を重ねれば問題ないです。逆に言うと、ベースを知らずに実践すると成長速度が遅い=何が悪かったかわからずに時間がすぎるので非常にもったいないです。ですから、しっかりと学びましょう。その基本となるのは、相手との関係性・相手と自分が好きなこと・デートの目的の3点です。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

相手との関係性

これはいわばビジネスにおける現状分析です。あなたと相手の関係性という現状です。これは、知り合い未満、知り合い、友達の3パターンに大きくは分かれるでしょう。このどれなのか?をしっかりと見極めることでデートの誘いの成功確率をあげられます。

 

まず、知り合い未満であれば誘ってはいけません。当然ですよね、知り合いじゃないですから。ナンパみたいなものです。この場合は、まず相手に自分を認識してもらうこと、害を与えるような存在ではないことを相手に認識してもらう必要があります。基本的には、挨拶を何回か行い、大丈夫そうであれば雑談を話す、そんなところまで行ければ次のステップに向かうことができます。

 

知り合い、これは雑談はできるけど遊んだことはないというステージです。ありがちなのは、みんなで遊んだりお酒を飲んだりくらいはするようなサークルにありがちな関係性です。この場合は、もう少しですぐにデートくらいはできます。このステージに必要なのは、きっかけです。

 

これはもう、相手の好きなことでも裏でリサーチしてその話を振る、盛り上がったらデートに軽く誘う。などが自然でしょう。大事なのはあくまで自然に行うこと、必死感が出ないようにする、です。軽く口頭で誘い実際に行く約束するのはまた別の時、くらいのスタンスがいいでしょう。

 

最後の友達は、説明も不要でしょう。2人で何かをして過ごすくらいの関係性はあるよ!という自信満々な場合はこれに該当します。もう自然に誘えれば大丈夫です。心配は不要です。

 

唯一注意点は、もし本気で落としたいならば好意はバレてはいけません。好意がばれると落とす時の勢いが出なくなります。これマジです。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

相手と自分が好きなこと

次は、お互いの好きなことを事前に共通認識をしておくことが重要です。よくあるのが勢いでデートにOKしたものの、後々なんでいくのだろう?面倒だなとなってドタキャンを食らうことがあります。

 

1つの原因として、その理由を明快にしてないことがあげられます。なので、お互いがこれが二人とも好きだから行くのだ、なんならデートではない。という状態にするのがベストです。

 

そしたら重さもなります。デートだと思わせるからキャンセルを食らうのです。もし相手がデートだと思っていて、乗り気ならもうすぐ落とせるレベルです。それはそれでしっかりと落とせればいいだけの話になります。

 

デートの目的

あとは、デートの目的ですね。これはコンセプト、って意味じゃないです。デートのコンセプトを考えるのは付き合っているカップルだけです。

 

目的、すなわちゴールなんですけど、あなたはこのデートで何を成し遂げたいのか?成し遂げるべきなのか?仲良くなるだけでいいのか、手をつなぎたいのか?あるいはキスしたいのか?これが曖昧だと何となくデートするだけになってしまいます。

 

もちろん、意気込みすぎて空回りもするでしょう。しかし、空回りはそれはそれでいいのです。デートにおける空回りは嫌われていない限り、行為の元であれば相手には気持ちは伝わりますから。

 

ですので、しっかりと目標を設定して逆算して行動しましょう。失敗しそうであればて対してプランBを発動できるくらいの余裕さを持てていれば最高ですね。

 

captainpentagon.hatenablog.com

楽しいデートを成功させよう

さて、楽しいデートをできるイメージは湧きましたか?今回は基本のキでして、実はデートにおけるファーストインプレッション以上に大事なこと、セカンドインプレッションというものもあるのです。

 

これはいわゆる恋愛で落とす時に必要なギャップというものにつながります。これはまたお話をしますね。とりあえず、初回デートを誘って楽しく過ごせるところまで行きましょう!

 

恋活アプリのwithで恋愛をスタート!

前回ご紹介した恋活アプリのwithなら、気軽にネットでデートに誘うこともできます。ネットであれば断られても落ち込むこともないので、ぜひお勧めします。

 

ネットの場合だと、挨拶とかがリアルにはできないので普通にメッセージを交換していれば大丈夫です。この辺のテクニックもニーズがあれば、後々ご紹介しましょう。皆さんも良い恋愛をしましょうね。僕も頑張ります。笑

 

【with】心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス
メンタリストDaiGo監修。運命よりも確実な出会いを!

 

モテる男の必須本

 モテる男は、素晴らしいデートを提供できます。モテたいあなたも、まずは知識で理論武装してみては?けっこう知識とかセオリーって大事です。リスクを減らせますからね。

 

恋活アプリのWithで女の子とデートしてきたので、そのレポートをします。周りにも結構恋活とか婚活をしている人が予想以上に多くてびっくりしている僕です。

 

人によりますよね活動スタイルって、結婚相談所はいる人もいますし、合コンする人もいますし。僕は時間を無駄にしたくないので、恋活アプリ派ですね。会いたくなったら合えばいいのでね。

 

それか恋活パーティーでしょうか。てっとり早いっちゃ早いのが魅力的です。最近行ってないんですけどね。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

恋活アプリWithでマッチングした相手のスペックは

今回のお相手は、1つ上の29歳で金融の事務をやっていらっしゃるそうです。お顔は綺麗な顔立ちで普通に美人に分類されてもいいレベル。性格もメッセージしていた感じでは、普通に優しそうな感じでした。

 

なんで蔵前を選んだのかって?ちょっとこれはミスでしたけど、相手の職場が蔵前周辺でじゃあ蔵前にしよう〜!というすごく安直な考えで決めてしまいました。まあ、初回の場所はそんなに重要ではないです。エリアが重要になるのは2回目以降です。理由は後ほど。初回で重要なのは、次の章で説明しますが、異性、カップルになるという連想をさせることだと思いました、というのが今回の学びです。

 

恋活アプリWithを使って感じたこと

はい、今回の学びですけども、会って最初のデートで意識すべきことは、異性であることの印象づけと口説くよ俺は!っていうアピールでしょうか。初心者でもできることでいうと、今彼氏/彼女いるんですか?とか、いるわけねーだろ?!みたいな質問でもするといいですね。

 

あ、そっか、今は付き合うためのデートをしているんだな。と当たり前のことにお互いが気がつきます。これが結構大事で、何気なく会ってしまうと何のためにデートしたのかもはや分からなくなるようなデートをしてしまうことも大いにあります。

 

ですので、絶対に付き合うためのデートということをお互いに意識するようなデートにしたほうがいいです。

 

恋活アプリWithであった女の子とのその後

その後、だんだんとフェイドアウトして行ったので感づいていたのですが、最終的にはご縁はありませんでした。しかし丁寧にもかくかくしかじかな理由で〜というほどではないですが、ごめんなさいメールが来てました。いや〜、珍しいですよね。今時、丁寧にそんなメールをくれるなんて。

 

でまあ、もう会ってないですけど、学的には、2回目とか会う回数が増えた場合は何かしら関係は前進しているという既成事実が必要ですね。勢いというか何となくは絶対ダメです。手をつなぐ、キスをする。何かしらの進展が必要です。じゃないと何しにあっているのかわからない。今回は、上場企業が提供恋愛婚活「with」 というアプリで真面目にデートしてきました。アプリは怪しいな〜と思う人もいるかもですが、今もはや結構な人数がやっていますから市民権は得たようなものではないでしょうかね。