治験バイト情報などを紹介します

治験バイト情報などを紹介します

就活生にオススメの論理的思考のコツをまとめました

就活生にオススメの論理的思考のコツをまとめました

 

目次

 

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/043TSURUTAMA17529_TP_V.jpg

これから就活を迎える学生でも、自信満々な学生や不安な学生などいろいろ
いると思います!今回は主に不安な学生を中心に書いていきたいと思います。
もちろん、自信満々な学生が読んでもいいですよ。

captainpentagon.hatenablog.com

 

就活における不安

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yotakaIMGL5366_TP_V.jpg


さて、不安な学生が抱えてる就活における不安とは、
いつから始めるのかとかいろいろあるけど結局
下記に大別されることでしょう。


①何を自分はしたいのか?向いているのか?
②どんな企業があるのか?
③希望の企業から内定取るために何から始めればいいのか?


就活まで残されている時間によって、どれを何をすることで対策するかというのは
変わると思うんですが、今回は半年~1年はある場合で①を中心に考えたいと思います。

 

captainpentagon.hatenablog.com

長期インターンをせよ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6425_TP_V.jpg


大きく理由としてはインパクト順に下記の3点に集約されます


①やりたいことが段々明確になる


 これが最も本質的かと思います。
 業務経験のない学生がやりたいことを見付けるのは至難の業です
 それでも社会は何をしたいのか?なぜなのか?としつこいほど問いてきます
 この問いを打ち返すには、自身が経験に基づく何をなぜしたいのか?を
 語れるようになる必要があります。
 それには実際にやるが最も有効かつ早いです。
 実際に私も長期インターンによりもともと興味のあるコンサル業界からインターネット業界へ進路を変えました



②汎用性があり血肉の通ったアピールが出来る


 学士サークルもいいですが、社会人からすれば遊びと捉えられがちなことは否めないです。
 唯一有効な学生サークルは体育会系かお金を本気で稼ぐことが目的のサークルかと思います。
 実際の会社でのインターンは好印象になること間違いないです。


③社会との接点を持ち、就活前に社会人とのやりとりに慣れることは緊張しなくて済む


 就活が上手くいかない学生の特徴として緊張して実力を発揮できない、ということがあげられます。
 非常にもったいないです。慣れでしかないです、そして簡単に慣れます。
 かくいう私も慣れて緊張はほぼせずに済みました。

 

大事なのは先をイメージしておくこと

現時点ででいいので、興味のある企業に面接に行きアピールすることをイメージして考えて行動してください。

どういうことかというと、特に何も考えずとりあえず長期インターンを始めることと
しっかり自分なりに考えて企業を選んで長期インターンに臨むのとでは面接官の受け止め方が大きく異なります。
下手したら、成果を特に出せていなくてもしっかり考えて一貫性のある行動をしている方が好印象でさえあります。

もう少し掘り下げてみましょう。

captainpentagon.hatenablog.com


僕が就活生の場合

当時の僕
・僕の頭の中とやったこと
大学の教授が病で突然死したときに感じた経験から医療系の企業を探そう
その中でもいろいろあるけどコンサルにも興味があるしロジカルシンキングの訓練にもなりそうだから医療系のコンサルがいいかな。

人数が多いと他の学生と一緒だしつまらないから少人数がいいな
 その条件でググる
 いくつか見つけた会社に経緯とインターンさせてほしい旨を添えたメールを送信し何回か面接し無事採用


・そんなエピソードを話すと面接官の反応は
 突破力があるね!
 過去とアクションが紐づいているなあ
 ロジカルに話すことをある程度できているなあ
 と感じます。話した経験が面接している企業に紐づけばなおのこと良いでしょう。
 そして面接官は根拠に上司に上記エピソードを根拠に面接通過を相談することでしょう。
 (恐らく裏側では面接官1人で通過を決められない)


もし何も考えない場合


・頭の中
 とりあえずお金稼げるし社会経験になるから企業で長期インターンするか~
・面接官
 全くダメな場合
 何も考えてないな。だめだ不採用!
 もしくはどうにか通過させたくても
 頭は良さそうだけど、何を根拠に通過させればいいんだ。根拠が、、、ない。

 

この違いわかりますか?!
この違いが分かれば就活成功に大きく前進したようなものです。
ここで大事なのは、面接官だけで通過を実は決めていないことが多いはずなので(特に終盤は)
面接官自身が通過させたいときになぜ通過させるべきかを納得感高く説明できるような
根拠を持たせることです。そしてそれをイメージしてインターン先企業選びをすることです。

 

今日はここまでです。ひとまずなんとなく内定の貰える学生とそうでない学生の違いがうっすら分かり始めたのではないでしょうか?
次回は、より長期インターン会社選びの軸を考察していきます。

captainpentagon.hatenablog.com

 

 

今回は、So What?についての解説からはじめていきます。

So What?とは何か?
これは日本語にすると、「で何なの?」というとても冷たいワードです笑
ではなく、何かの事実から意味合いを引き出す行為になります。
例えば、空が曇っているとします。


たいていの人は、曇っている空を見て、雨が降りそうだなあ。と思います。
そして、その対策として傘を持って行きます。
これがSo What?という行為です。

captainpentagon.hatenablog.com


お気づきかと思いますが、So What?とWhy So?は対になるワードです。

つまり、先ほどの例で説明すると、

空が曇っている So What? 雨が降りそう So What? 傘を持って行こう

逆にすると

傘を持って行こう Why So? 雨が降りそうだから Why So? 空が曇っているから

となります。

 

プライベートでも話が長い人は、「で何なの?」となりがちですが、
それは要は何を伝えたいのか?何を話したいのか?を抽出しきれていないためです。

このSo What?は正直言ってあまり普段の生活には馴染まないというか、使わないワードである。
なので意識しないと癖づいていくことが難しい性質があると思っている。

captainpentagon.hatenablog.com



 

Why SoとSo What

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL0012-oinaninetenda20140722_TP_V.jpg

というところであるが、私は下記の接続詩を使うことで
無理やり自分で自分にSo What?するようにしている。

・つまり?
・だから?
・ということは?

 

たいていこの3つの接続詞を自分で唱えれば、So What漏れを起こすことはなくなることだろう。

もう1つ、So What?において重要なことがある。
これは無意識的にみんな考えていることであるが、目的や伝えるべき相手によってSo What?
した結果が変わるということだ。

captainpentagon.hatenablog.com


どういうことかというと、例えば目の前に某コンビニのサラダチキンがあるとしよう。
そして隣に糖質制限中だけど何を食べたらいいか分からない友人がいるとしよう。
その相手に何というだろうか?
普通は「このサラダチキンは、糖質が低くてタンパク質が豊富なダイエット向きの食材だよ」
というだろう。そういった情報を求めている友人は確実に喜ぶだろう。

 

一方で、体型がスリムで健康的な友人がおいしいお肉を求めていたらどうだろうか。
絶対に同じようなメッセージは伝えないはずだ。なぜなら不要だから。
この場合は、サラダチキンの話題はせず美味しいお肉を探すことが必要だろう。

というように同じ事実だとしてSo What?した結果、出てくる意味合いは必ずしも同じではない。

 

captainpentagon.hatenablog.com

不朽の名作 ロジカルシンキング

 

So What?についてはここまでの解説としよう。
次回はロジカルシンキング特有の概念である、MECEについて解説します。

今回の参考文献としておすすめな本としては下記のロジカルシンキング本です。

就活時でも就職後も確実に役立つので1冊手元に置いて損はないですよ。


 

 

前回は、空雨傘にも複数のパターンが存在する、ということを解説しました。
論理的思考における大事なポイントです。
今回は、その繋がりの中で複数の選択肢がある時にどれを選ぶのか?
という話を意思決定というビジネス頻出用語のキーワードとともに
解説していきたいと思います。

captainpentagon.hatenablog.com

 

意思決定とは

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yotakaGJ0925_TP_V.jpg


先に意思決定とは何なのか?という話をしたいと思います。
ビジネスにおける意思決定とは、ある論点に対して
複数の選択肢がある中で1つを選び出す合理的な行為です。
つまり、経営に関わる重要な事柄にベストな行動を選び出すのです。
ときに上司に、ときに株主になぜその意思決定をしたのか?
と問われるでしょう。


その際に、なぜなら~なので今回の意思決定を行ったのです。
というように理路整然と説明できないとなりません。

captainpentagon.hatenablog.com

 

ちなみにみんなのウィキペディアでは、次のように解説されていますね。

意思決定(いしけってい、英: decision making)は、
人や団体が特定の目標を達成するために、
ある状況において複数の代替案から、
最善の解を求めようとする人間の認知的行為である。

 

意思決定が出来るために必要なこと

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415371872_TP_V.jpg


では、その合理的な意思決定を行うためには、何が必要なのでしょうか?
先ほどのウィキペディア先生のコメントがとてもヒントになりますね。
意思決定に置いて必要なのは、
・複数の選択肢
・複数の選択肢のよしあしを評価する判断基準
・判断基準の根拠
となります。

1つ1つ解説していきます。

captainpentagon.hatenablog.com

 

複数の選択肢

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL0012-oinaninetenda20140722_TP_V.jpg


これは前回解説した内容ですね。
空雨傘の最後のアクションである傘の部分で枝分かれした分が選択肢の
数となります。
例えば、通勤で満員電車に乗りたくないのであれば
・そもそも通勤が不要な仕事をするか
・地方に引っ越すか
・時間をずらして通勤するか
といった大きく3つの選択肢になるでしょう。
これらを複数の選択肢と言います。

captainpentagon.hatenablog.com


複数の選択肢のよしあしを評価する判断基準

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MS251_imadesyoima_TP_V.jpg


これが今回の一番重要なポイントです。
複数の選択肢でどれが最も優れているのか?
それを決める=評価するための評価軸は何か?
ということです。
これは極めて重要な行為で、異なる評価軸を持って行くと
異なる結論となります。

captainpentagon.hatenablog.com

 

例えば、同じ市場環境に置かれている会社であっても
異なる戦略を取るのは、もちろん強み弱みが異なるということは
あったとしても、判断基準が異なるからという理由が多いです。

 

ではどうやって判断基準を設定するのか?
どうやって判断基準を設定するのか?これは難しい質問なんですね。
ちょことだけヒントを出すと、今まで解説した「MECE」という概念と
「目的ドリブンな切り口」、この2つが重要になります。
解説量が多くなるのでこの解説は次回に回します。

 

考える技術 書く技術

 

参考文献としては、戦略系ファーム志望の学生を筆頭に就活生には必携の「考える技術、書く技術」を紹介します。こちらは骨太の本で読むのも一苦労ですが、きっと読めば血となり肉となる作品です。ぜひご一読を!

 

前回の記事では、半年から1年の時間がある就活生には
長期インターンが有効ということを解説しました。
そして、行きたい企業の面接を受けるときにアピールすることを
イメージしてインターン先を選ぼうという話をしました。

captainpentagon.hatenablog.com

 

じゃあ今回はどうやってインターン先を選べばいいの?

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kawamurayukaIMGL0432_TP_V.jpg


という話をします。

私はインターン先を意思決定するに当たり、次の2つの選択肢と
それぞれのメリットデメリットがあると思っています。

①一本型インターン

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZDSCF2647_TP_V.jpg


これは、既に行きたい企業が決まっており、その会社で
長期インターンをするというケースです。


メリット


本面接でのアピール材料になりやすい


デメリット


他の会社(競合他社)でアピールしづらい
インターン中に実力出せないとそこで見限られるというところがあります。


なので本当に行きたい!という気持ちがある場合のみお勧めします。
ちなみに私は内定を貰った会社でも現在働いている会社でもインターン
はしていません。

captainpentagon.hatenablog.com

②無名ベンチャー型インターン

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AKANE072160555_TP_V.jpg


これは行きたい企業が決まってないけど業界は決まっているケースになります。


メリット


いろいろな会社でアピールしやすい
 ※小さい会社であればそっちに行くだろうという心配も少ないものです
もともと行きたい企業でないので、実力を出せなくても大丈夫です
小さい会社であれば先方からむしろ内定を提示されます。実際に僕が最初に内定を
貰った会社はインターン先でした。これはメンタル的な余裕を生み出します。


デメリット


特にないです

 

多くの就活生は②に該当するかと思います。ここまでが全体的な概要です。

captainpentagon.hatenablog.com

インターンを活用した実践的な就活戦略

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK160127545475_TP_V.jpg

ここからより突っ込んだインターン先の選び方と実際の本命企業との面接でのアピールを
見据えた戦略を解説します。この2つは表裏一体です。

captainpentagon.hatenablog.com


①インターン先の選び方

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOU85_PCsousasuru20131019130818_TP_V.jpg

 一言で言えば、過去・未来を繋ぐ現在という時間軸に身を置くべき場所を選びましょう。ということです。
過去とは、過去の事実を指します
未来とは、過去に起きた事実から自身が感じたことから将来こうなりたいという未来です。
現在とは、その未来を実現するために必要な「今」です。

 

例えば私の場合、
過去:
過去に身内の大切な人を病死で無くしました。
その経験からやはり人の健康に価値を提供できるような職能を身に着けようと思いました。
未来:
なので医療業界で活躍できる状態を目指して、それに必要な経験としてまずは医療業界で
幅広く経験できそうな会社でインターンをしようと決意しました
現在:
そこで医療分野を専門としたコンサル会社に直談判してインターン面談を申し込み
インターンで様々なことを経験中
といったところです。

 

基本的にとっつきやすいロジックの組み方は、コンサル用語でいうところの「空雨傘」です
空は、いま起きている事実や事象 →空が曇っている
雨は、空から示唆される意味合い →雨が降りそうだ
傘は、雨の示唆に対するアクション→傘を持つ

空が過去、未来が雨、現在が傘といったところですね。

こうすればある程度誰でも納得するロジックを展開できます。

captainpentagon.hatenablog.com


②本命の企業との面接でのアピール

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8540171031_TP_V.jpg


可能であれば本命の企業とのアピールにおいて、業界が同一であればよいです。
そうすると、インターン先での経験からさらにこの業界に関心が湧いた。
など説得性を高く出来ます。
なぜインターン先ではないの?という質問には正直に答えれば何でもよいでしょう。
本命企業にも共通する何か以外なら、給料が低いとか、なんでもいいです。

 

もしインターン先での経験から業界が変わればそれはそれで大丈夫です。
嘘でもなんでもないですし、実際に私も医療系でもコンサルでもなくインターネット系に進路を変えてます。
大事なのはなぜ変わったのか?と語れることです。


私の場合はインターンをしながら友人とアプリの企画開発をやっていたらそっちのほうが純粋に楽しかった、だから続けたい。それだけです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

インターンで就活を制覇せよ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/029TSURUTAMA17529_TP_V.jpg

ここまで読んでいかがでしょうか?
就活アドバイスも行う予定なので関心のある方ご連絡お待ちしています!

次回は、面接時のテクニックやコツについて解説したいと思います。

 

前回は、長期インターンの企業選びの考え方を解説しました。
今回は長期インターンに挑む際にも本命の面接に挑む際にも知ったほうが役立つルールを解説します。

captainpentagon.hatenablog.com


そもそも面接とは何か

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OY151013549718_TP_V.jpg


そもそも面接とは何か、巷でも良く言われるし本なんかでも読んだことのある方は
多いのではないでしょうか。
採用面接における面接とは、自分という商材を面接官にアピールする場であり、
具体的には下記のことを売り込む場です。


①採用するメリットがある
例:求められているスキルがある
例:スキルはないけど、頑張ることができる
②採用してもデメリットがない


例:迷惑をかけない
例:問題を起こさない
③弊社に本当に興味があるか


①>②かつ③=trueという条件式が成り立つことで、採用に値すると面接官が判断すれば採用されるでしょう。
他にもさまざまな各論はあるものの概ね上記の枠組みでカバーできます。

ことインターンレベルにおいては、そこまでシビアに判断されることはないかと思いますので次のことに注意すればよいでしょう。

captainpentagon.hatenablog.com


面接と言っても大事なのはロジカルシンキング


まず業種にもよりますが基本的にビジネスでは、ロジカルシンキングに始まりロジカルシンキングで終わると言われるほど(僕が勝手に言っている?!)論理的思考力がベースになります。

 

では、論理的思考力とは何か?このテーマだけですごい量のことを書けそうですし、ネットで検索すれば様々なことがヒットすると思います。


最近では実は論理的思考力と難しく考えるよりも他の留意の仕方の方が実務に置いては適切なのでは?と思うようになりましたが、それはおいおい別途解説したいと思います。

captainpentagon.hatenablog.com

 

論理的であることは何かから学ぼう

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK92_tatakausarari-man20131223_TP_V.jpg


ここでは論理的であるとは、下記の要件を満たしている状態を指す、と定義しましょう。
要件①「適切な」問いがたてられていること
要件②問いに対して結論があること
要件③結論を支える論証があること
要件④論証を支える根拠があること

この4要件です。1つ1つ解説すると長くなるので、次回は要件①「適切な」問いがたてられていることについて解説していきたいと思います。

 

前回は、要件①適切な問いがたてられていること、を解説しました。あまり他のサイトでも見慣れない解説だったと思いますが、身になると幸いです。

今回はその続きで、下記の要件について解説していきます。
要件②結論があること
要件③結論を支える論拠があること

captainpentagon.hatenablog.com

 

論理的である要件その1 結論があること

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KK_9V9A5431_TP_V.jpg


これは分かりやすいですね。問いに対して明快に答えている「結論」があればいいだけの話です。よくプライベートでも何か質問して「えーと~」「なんか~」
ばっかり話して結論が出てこない友人いたりしませんか?


ビジネス的にはものすごくNGです。
要件②に関しては、どちらかというとコミュニケーション上の問題で
結論から話すことが求められます。

 

そんなの知っているよ!という人は、どんな時に結論から話して
どんな時は最後に結論を言えばいいの?!ということが次の知りたいことかと思います。それに関してはおいおい解説します。

captainpentagon.hatenablog.com


論理的である要件その2 論拠があること


これはロジカルシンキングにおいて、いくつかの大切なキーワードが出てきます。
ぜひよく読んでご理解ください。

1つめ
Why So?

2つめ
So What?

3つめ
MECE

4つめ
空雨傘

5つめ
帰納法

この5つです。

Why So?

Why So?これは日本語で言うと「なんでだっけ?」です。
会社によっては良く唱えられる新人いじめワードとでもいうべき
ワードでしょうか?笑


新人が何か言うたびに、「なんでだっけ?」と問われます。
新人自身がちゃんと言っていることを理解できているのか?のチェック的機能があります。


「なんでだっけ?」という言葉から推測される通り、Why So?は
あなたの言っている主張または結論は、なぜそういえるのか?のロジックを検証するためのワードです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZPA_hankachikandekuyashigaru_TP_V.jpg


常日頃だとなかなか唱えることのないワードですが、その分日頃から癖をつけると
就活に置いて実力の差が出やすくなります。
面接に置いても必ずと言っていいほど、「なんでだっけ?」と突っ込まれるのでご注意ください笑

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK85_plannoteian20131223_TP_V.jpg

毎日セルフ突込みをしていけば、面接時の「なんでだっけ?」攻撃なんてへっちゃらです。
来た来た、「こうだからでーす!」とドヤ顔で返すことが出来ます。
そうすると面接官もひよることでしょう。

 

おすすめのトレーニングとしては、毎日の自分の行動に対して「なんでだっけ?」と唱えるといいでしょう。
決して友人に「なんでだっけ?」攻撃をしないでください。ほぼ嫌われます!

captainpentagon.hatenablog.com

 

ロジカルシンキングは最も投資効果の高いツール

 

今回はここまでにします。次回は続きのSo What?から解説していきます。

今回紹介した当たりが、就活生にとっての論理的思考の最初のハードルだと思います。
逆に言うとこの部分だけでもせめてスキルアップ出来れば就活がだいぶ楽になります。
下記の本は論理的思考の基本部分を網羅しているので、とても投資効果が高いのでぜひご一読くださいね。

 

前回、前々回で論理的思考における重要な概念である、Why So?とSo What?について解説をしました。
英語英語と続いて、またしても英語です!しかも初見だと知らない英単語に見えると思います!
そう、今回は「MECE」です!

captainpentagon.hatenablog.com

 

論理的思考における重要概念MECEとは

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N934_jesucya-dewhy_TP_V.jpg


MECEってなんだ?って思った人多いと思います。
MECEとはMutually Exclusive and Collectively Exhaustiveの略語でございまして、日本語で言うと相互に排他的、完全な集合体という意味になります。
Mutually(お互いに)Exclusive(重複せず)Collectively(全体に)Exhaustive(漏れがない)こんな感じです。は?って感じですよね笑

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOTA82_OKdemashita15124015_TP_V.jpg

もともとMECEとは、経営コンサルティング会社が発明した漏れなくダブりなく考えるための論理的思考における概念の1つです。

 

MECEが有効になるシーン

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/max16011624_TP_V.jpg


どんなシーンで使われるのか?というと、何か複雑な事象を整理する時に重宝します。経営コンサルティング会社は、複雑怪奇な経営課題を解決するための知恵をクライアントに説明し納得してもらうことが仕事なのでこういった概念が発明されたのでしょうね。

 

またMECEに整理していくと、全体観が分かるので優先順位を考える際にも
考えやすいですし、視野が広がるのでアイデアを膨らませやすくなります。

captainpentagon.hatenablog.com

 

MECEが有効な具体例

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/COFFEE0I9A8957_TP_V.jpg

具体例を示していきましょう。

例えば、あるカフェの1日の売上を概算してください。というお題が出たとします。
コンサルのケース面接でも定番ですし、グループディスカッションなんかでも
出るのではないでしょうか?

 

需要側と供給側の2アプローチ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CK0I9A92162_TP_V.jpg


さあ、このとき一番最初に考えるべきことはどんな概算方法があるのか?
ですね。(こんなカフェの前提にしよう!とかもありますけど)

さあ、このときMECEを意識しないと大抵は需要サイドでの概算方法だけで考えてしまいます。つまり、普段自分が客なので需要サイドで概算する方法しか出ないわけですね。しかしMECEなことを意識すると、供給サイドからの概算方法もあることに気づきます。

captainpentagon.hatenablog.com


こちらはつまりカフェ店員側からのロジックで概算する方法です。
なので、概算方法は大きく「供給サイド」と「需要サイド」から求める2つの方法があります。
メリットとデメリットはそれぞれ~~と始められれば、ケース面接も
グループディスカッションもほぼ間違いなく通ると思います。

このとき需要サイドと対になるワードはないかな?と考えるとMECEに考えやすいです。
需要サイドと供給サイド、対になっておりMECEですよね。

 

 

MECEはどこまでいっても手段でしかない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/S20170330303315_TP_V.jpg

最期に、このMECEという概念は、どこまでいっても手段でしかないということを留意してください。
つまりMECEでなければいけないわけではなく、全体観をもって考えるうえでMECEが有効である、というだけなんです。
これは結構大事なポイントです。知人の戦略コンサルもぼやっとつぶやいていた内容です。

captainpentagon.hatenablog.com


この辺はまたおいおい説明していきます。

今回はこれで終わりです。次回はMECEのサンプル(良く出るMECEな枠組みの例)を説明していきます。

 

マッキンゼー式ロジカルシンキングでMECEに成ろう

 

論理的思考を行うことは、とても頭が疲れますよね。そんなときはマンガでも読んでクールダウンしたいものです。下記の論理的思考を鍛える本はマンガテイストになっていて、かの有名な外資系戦略ファームのマッキンゼー式のロジカルシンキングをマンガ仕立てで学べます。マンガ好きな方はぜひご一読ください。

 

前回は、MECEとは何か?を解説していきました。
その中で目的や効果を説明しましたが、ご理解貰えたでしょうか?
今回は、良く使われるMECEの枠組みの分類を解説して行きたいと思います。

captainpentagon.hatenablog.com

 

どんなMECEの方があるのか?

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LGTM_dandast15_TP_V.jpg

①代表的ビジネスフレームワーク


3C


1つめは、代表的なビジネスフレームワークである、3Cです。
3Cとは、市場(顧客:Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)
の略語で、おもにビジネスに置いてマーケット分析をする際に用いられます。
お客と競合と自社、それがマーケットにおける主要な関係者ですよね。


4P


4Pとは決してやらしい意味の4Pではございません。
製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)
の略語でマーケティング分析をする際に用いられます。
モノを売る時、何を?いくらで?どこで?どうやって売る?という枠組みを
与えてくれます。

 

これ以外にも代表的なビジネスフレームワークはいくらでもあります。
知りたい人はググってみてください。
ここからはMECEに考える際に、大事なポイントを掻い摘んで解説していきます。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

MECEであるときに大事なこと

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6461_TP_V.jpg


コンサルっぽくいいますね、MECEであるときに大事なことは3つあります。

①切り口が目的ドリブンであること
②分解粒度が適切な粒度であること
③だぶってもいいけど漏れてないこと

この3つです。

1つ1つ解説していきます。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N112_sorededou_TP_V.jpg

①切り口が目的ドリブンであること


前回の記事でMECEであることは目的ではなく、手段といいました。
ここにヒントが詰まっています。
なぜ手段なのか?あくまで目的は、あるゴールを達成するうえで最大の効果を得ること
そのために有効な手段がMECEなのです。
なので、例えばゲームを行うイベントで人を集めたい!という場合に、どうMECEに考えるか色々あると思います。


例えば、性別に考えると男性客と女性客で分けて考えよう!とかです。
しかし良く考えてみてください、性別で分けて考えたところでいいアイデアが出るのでしょうか?


男性は男性が好きそうなゲーム、女性はなんでしょう?どうぶつの森?程度しかアイデアが膨らみません。

 

この場合により適切なMECEな例は、重要な順に
・そもそもの開催目的
・ターゲットユーザー
・ターゲットユーザが好むゲームのコンテンツ
・ユーザにお知らせするプロモーション
といったところでしょう。


そうすると、目的に照らすとこんな人を呼びたいよね。であるとか、
そういう人たちはこんなゲームが好きだろう。であるとか
そういうゲームはこれが流行っているからこんなプロモーションはどうか?
など立体的に考えられます。

 

普通は自然に考えると大丈夫ですが、ビジネスになると適切に考えられなくなります。
これが1つ目のポイントです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

②分解粒度が適切な粒度であること

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA0I9A8798_TP_V.jpg


次に大事なのはMECEの切り口をどこまで細かくするのか?です
ケース面接など机上の空論の場合は、あまり注意しなくてもいいのですが
現実のビジネスでは細かい所まで考えないと実際に回らないため本当に机上の空論になります。


それを避けるために、どこまで細かく考えるのか?が2個目のポイントです。
例えば先ほどの例で言うと、もっと細かくMECEにすると
ターゲットユーザー
 男性客
 女性客
ターゲットユーザが好むゲームのコンテンツ
 コンテンツ
 開催会場
 料金
 募集人数
ユーザにお知らせするプロモーション
 媒体
 予算
と分けることが出来ます。


ケース面接ではそこまで細かいところまでは求められませんが、
考えられていると面接官をうっと唸らせ、他の学生に一目置かれる存在に
なれるでしょう。

captainpentagon.hatenablog.com

 

③ダブってもいいけど漏れてはいけない

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MOK_kyouheikuwaetabako_TP_V.jpg


最期です、漏れてはいけない、です。
ダブってもいいというのは、分解したときに重複することは許される。
ただし、漏れるのはよくない、考慮漏れが起きてしまうからですね。


よくMECEという概念を覚えたコンサル志望の学生なんかは
MECEであることに意識が向き、ダブっている!とか考えがちなんですが
そんなことより漏れを起こさずに1つ目の目的ドリブンな切れ味の鋭い
切り口で切るほうがよほど大切です。
何度もいいますがMECEはただの手段です。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N745_yuyake_TP_V.jpg

漏れる方が罪が重いのは、漏れることは即ち考慮漏れに繋がりますから
その時点で手段として破綻となります。
ダブること自体は、効率が落ちるだけですからそこまで問題ではないです。
全ての事象を切れ味鋭くダブりなく漏れなく切るのは至難の業です。

 

この3つがMECEに考えることにおいて大事なポイントになります。
今日はここまでにします。
次回は、空雨傘と帰納法を解説していきます。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

フレームワークを使いこなすための50問

 

最期になりますが、MECEという概念に振り回されるのは本末転倒です。面接官に笑われます。最悪、就活生のライバルに笑われます。

なのであなたがMECEやフレームワークを使いこなすようにならねばなりません。そのために、下記に紹介する「フレームワークを使いこなすための50問」という本がおすすめです。

フレームワーク系の本は、フレームワークのただの紹介の本と、使いこなすための考え方を教える本の2つに分かれます。この本は後者になりますので、読むことで自信満々にライバルに差をつけましょう。ぜひご一読もらいたい一冊です。

 

 

前回は、MECEであるときの大事なポイントを解説しました。
今回は、論理的思考における空雨傘と帰納法について解説します。

captainpentagon.hatenablog.com

 

論理的思考におけるロジックの組み方

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/046TSURUTAMA17529_TP_V.jpg


論理的思考におけるロジックの組み方は、2パターンあります。
それが今回説明する、空雨傘と帰納法になります。ロジックを構成していくうえで基本となるのでよく読んでもらえると助かります。
それぞれ掘り下げて行きましょう。

captainpentagon.hatenablog.com


論理的思考における空雨傘とは

 


論理的思考における空雨傘を説明していきます。
空雨傘はもっと教科書的な言い方をすると3段論法とでもいいましょうか。
前回説明したような、
空という事実を見て    :事実の観測
雨が降りそうだなと解釈し :事実の解釈
傘を持って行こうと行動する:解釈に対する行動
という極めてシンプルなロジックパターンです。
空雨傘と表現されるのですから、
普段の生活でも無意識レベルでやっている思考法です。

captainpentagon.hatenablog.com

 

空雨傘はコンサル必須のフレームワーク

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415222377_TP_V.jpg

ただ、どういうことに気を付ける必要があるのか?など
理論ベースで身に着けていないのでビジネスになると途端にできなくなったりします。

空雨傘はもともとコンサルの現場で開発された思考のフレームワークのようです。
コンサルはファクトベースという事実・根拠をもとにした科学的アプローチで
経営課題を解決してきた業界です。
その業界の慣習なのでしょうか、空という事実を見て事実から意味合いを抽出し
クライアントに行動を促すという思考法が開発されてきたのだと思います。

captainpentagon.hatenablog.com

 

空雨傘にありがちな失敗パターンとは

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8668171031_TP_V.jpg


空雨傘は、理論ベースで習わないので良く失敗を犯しやすいと言いました。
どんな失敗パターンがあるのでしょうか。

ほぼ下記の3パターンに集約されます。

①傘のみ突撃型

②雨が抜ける無理論型

③傘が抜ける評論家型

captainpentagon.hatenablog.com

 

傘のみ突撃型

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/1205yuka0I9A6906_TP_V.jpg

これは分かりやすいです、何の根拠も示唆も無しに行動だけする
パターンです。現実にはほぼないでしょうが、よし傘持って行こう!
と外の様子も見ずに行動するパターンですね。

 

雨が抜ける無理論型

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/S20170330495314_TP_V.jpg


業務経験のない就活生には多いパターンではないでしょうか?
空を見るんだけど、その考察や示唆がなく突然傘を持って行くパターンです。


これだけ読むと結果的に行動が合ってればいいんじゃないの?と感じがちですが、ビジネスではそんな単純な事象はないですし誰が聞いても納得する必要があるので雨の部分が重要なんですね。就活生はこのパターンを避けるだけで周りに差をつけれます。

 

captainpentagon.hatenablog.com

 

傘が抜ける評論家型

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NARISHIGE0I9A6704_TP_V.jpg


空を見て雨が降りそうだなと示唆を出せるのに、肝心な傘を持って行こう
というアクションを促せない人です。

なぜ評論家型と書いたかというと、経済ニュースに出ている経済評論家も
現状を見て考察しますが何をすればいいだの、実際に行動はしませんよね。
その揶揄をしています。

グループディスカッションで見かけがちなタイプで、かくいう私もこのパターンでした。責任を負いたくなかったり、間違いを指摘されたくない場合に
陥りがちです。

しかしビジネスでは、アクションをして初めて価値が出るので
傘が抜ける評論家型は避けていきたいですね。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PASONAZ160306340I9A1862_TP_V.jpg

以上、空雨傘とは何か?よくある失敗パターンは何か?を
解説しました。空雨傘は奥が深いので帰納法の解説はまたにして、次回も
空雨傘の解説をしたいと思います。

次回は理解できると周りにグッと差をつけられるポイントについて
解説していきます。

 

マッキンゼー出身コンサルから問題解決を学べるとっておきの本

今回紹介した空雨傘などを実践的かつ体系的に学べるとっておきの本を紹介します。この本は巷にも知られておらず筆者がせこせことリサーチして発掘した本なので、本ブログの読者にだけ紹介します。

 

この本は、マッキンゼー卒の方が執筆していて、数多くのプロジェクトを経験した上での経験値を踏まえて執筆されているのでとても実践的です。
また初心者でも玄人でも必ず何かの学びがあるくらい体系的なので確実に損はしないでしょう。この1冊でライバルと差をつけましょう。(全部で4巻あります)

 

 

 

 

今回は今までの流れを無視して、休憩がてらコラムを書きます。
テーマは、すばり「就活における英語力の必要度」です。

就活生の中には、グローバルに働きたい!とかそういった思いを抱いている方も
多いのではないでしょうか?
あるいは、就活で英語力が高い、例えばTOEICの点数が高いと有利なのではないか?
などなどです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

就活において英語力は有利に働くのか?

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415472505_TP_V.jpg


せっかくなのでここまでで書いた思考方法に基づいて考察したいと思います。

早速ですが、ここまで読まれた方の中にはお気づきの方もいるかと思いますが、
「就活において英語力は有利に働くのか?」というのは
正しい問いの立て方ではありません。
なぜなら、あるかないかでいったらある方が有利なのは当たり前です。

 

ではどういった問いが正しいのかというと、
「就活期間という限られた時間の中で英語は時間を割くほどコスパがいいのか?」
であったり、
「就活に置いて英語は企業側からみてどれだけの優先順位なのか?」
といった問いの立て方が良いと思います。

で長くなるのでまず結論から言うと、

英語は業界に寄ってどこまで求められるかが変わります。

captainpentagon.hatenablog.com

 

業界別TOEIC目安点数

 

外資系企業や商社であれば、TOEIC860以上

その他英語を特別重要視しない企業であればTOEIC730といったところです。

TOEICは点数が上がれば上がるほどさらに上げるのが辛いので、必要最低限のところまで伸ばす戦略がオススメです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

前回は空雨傘という、論理的思考における基本的な思考法の1つを解説しました。
今回は空雨傘における、周りと差をつけられる知識編です。
これを知っているとグループディスカッションでも差をつけやすいです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

就活生にオススメの空雨傘の論理思考テクニックとは

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/002MIZUHO171010_TP_V.jpg


前回、空雨傘をまさしく空雨傘を比喩にして解説しました。
この章で解説するテクニックとは即ち、1つの空に対する雨という解釈は複数存在し、
雨という1つの解釈に対する傘という行動もまた複数存在するということです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

これはツリー構造になることを意味していて、端的にいうと
同じ空でも人によって行動が変わる、ということです。

 

論理的思考空雨傘の具体例

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/amekasa0I9A4479_TP_V.jpg

もう少し具体例を示しますね。
例えば、同じ空を見ていても傘を持って行く人持って行かない人がいると思います。
これだけとっても行動が変わる証左です。

 

もっと言うと、
同じ空を見たときに、
雨:とても曇っている大雨が降りそうだ
傘:濡れたくないので今日は外出はやめよう

 

というパターンと
雨:とても曇っているけど天気予報的にすぐやみそうだ
傘:大き目の傘をとりあえず持って行こう

 

こんな具合に、同じ空でも様々な解釈と様々な打ち手が存在します。

ビジネス的な例で言うと、
空:アフリカでは靴を履いている人はほとんどいないようだ
雨:なのでニーズがないのだろう
傘:アフリカで靴を売るのはやめよう

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL8129_TP_V.jpg

一方で、
空:アフリカでは靴を履いている人はほとんどいないようだ
雨:ということはアフリカ市場は余白が大きい
傘:急いでアフリカ市場に参入だ

 

全く違う行動になっていますよね?
この例はおおげさですが、同じ事実を見た時にどんな解釈をして
どんな行動をとるのか?によって大きく結果が変わってきます。

 

captainpentagon.hatenablog.com

就活生にオススメの論理的思考トレーニング

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOKIMGL0691_TP_V.jpg

トレーニングとしては1つの事実に対して、複数の解釈を
MECEに分解していき、複数の解釈を複数の打ち手にこれまたMECE
に分解するのがよいでしょう。

 

そうしたときに気になるのは、MECEに複数に分解するのはいいけど
結局1つの行動に帰結するのだから複数の選択肢をどうやって
絞り込むのだろう?というところだと思います。

 

この部分も大事な空雨傘の思考法の1つですので、しっかりマスターして
就活を乗り切ってください。

 

captainpentagon.hatenablog.com

空雨傘を身につけて就活を乗り切ろう

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL7980_TP_V.jpg


次回の記事では意思決定というビジネスに置いて避けては通れない
キーワードについても解説したいと思います。

ビジネスの世界では、毎日毎日意思決定をしています。普段の生活でも意志決定をしてはいますが、ビジネスのそれはより合理的により戦略的に意思決定をすることで企業が繁栄しているのでシビアなロジックを求められるのです。

 

www.marunouchi.tech

 

マッキンゼー出身コンサルタント執筆のオススメ問題解決トレーニング本

 前回も紹介しましたが、下記に紹介する問題解決とドキュメントコミュニケーションの本は空雨傘や選択肢評価について体系的にまとまっています。

 

 

 

社会へ出てから差がつく大学生時代の過ごし方、このテーマに関心のある大学生は多いことでしょう。今回は、大学を卒業してから中堅と呼ばれる年代まで働いた筆者がこれまでの経験から見解を述べたいと思います。

captainpentagon.hatenablog.com

 

大学生の時間といえば、時間が豊富にあって自分がやりたいことを集中してやれるのが特徴ですね。選り分け、人生最後の夏休みと言われる夏季休暇もあり、何に時間を使うかは最大の関心ごとかと思います。

 

そんな貴重な時間なだけに、社会に出てから差がつく時間の使い方をしたいですね。今回は、そんな悩める大学生に向けて、有効な時間の使い方をお話ししたいと思います。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SHIAWASEIMGL2867_TP_V.jpg

人生における大学生時代の時間の位置づけ

そもそも人生において大学生時代の時間とは、どんな位置づけになるのでしょうか。何も考えずただひたすら楽しいことに時間を使った小学生時代、友達と部活に励んだり初恋に精を出す中学生時代、受験勉強に打ち込んだ高校生時代、そして最後の長期休暇がある大学生時代といった具合にこれまで生きてきたかと思います。

 

www.marunouchi.tech

 

大学生の特徴とは、時間もありお金もそれなりにあり、社会に旅立つ目の前の時間という極めて貴重な位置づけです。2か月ほどにもなる休暇は社会で働き始めてからは、そうそう取れません。

captainpentagon.hatenablog.com

金額にして、100万円はないと2か月働かずに充実した生活を送ることは難しいです。それほどの貴重な時間ということを、アルバイトなどで稼いでいる大学生の方々には実感できるのではないでしょうか。

この大学生時代での過ごし方次第で、その後の人生の価値観が形成されるといっても過言ではないのです。そこで、お金稼ぎという観点で、私が皆さんにおすすめする過ごし方は、少数精鋭が特徴のベンチャーへの長期インターンと起業の2点です。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK95_ageage20131223_TP_V.jpg

ベンチャーへの長期インターン

まず1つ目の少数精鋭が特徴のベンチャーへの長期インターンですが、端的にいうと実践的なスキルが身に着く、濃い人間関係を築くことができる、という2つの理由でオススメできます。

 

また業界の知識もある程度身につきますので、IT系に進みたい方はIT系のベンチャーへ、コンサルに興味があれば経営者がコンサル出身か業態としてコンサルティングを行っている会社でインターンすると良いです。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL101_natuin0120140830001_TP_V.jpg

 

実践的なスキルの獲得

これは言うまでもなく、1人のインパクトが大きいので、身に着くスキルが必然的に幅広くなります。

大きい会社でのインターンでは、スキルを身に着けるというよりも、その会社への理解を深める、あるいはお手伝いの意図が強いので、幅広いスキルを身に着けてライバルに差をつけるという意味では必ずしもおすすめできません。

これはこれまでに書いた記事の中でも言及していますね。

captainpentagon.hatenablog.com

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SEPsts_TP_V.jpg

濃い人間関係の形成が可能

2点目の濃い人間関係の形成が可能、というのは極めて貴重な財産になります。きっと少数精鋭ベンチャーで切磋琢磨した同僚や面倒を見てくれた先輩方は、将来の人生において、貴重なアドバイスをくれる、ピンチの時は助けてくれるなどしてくれることでしょう。

学生時代に、このような打算のない信頼をもとにした人脈を築くことができる場は、こういった大人が一定数存在してかつ、強い接点を持てるような少数精鋭ベンチャーがオススメになります。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MOK_kyouheisu-yossya_TP_V.jpg

起業する

次は、より難易度の高い話になり、起業するというテーマになります。このテーマにチャレンジするのは非常に貴重な経験になるでしょう。なぜかというと、大学生という比較的吸収力の高い年齢のときに、ビジネスモデルから考えるスキルを身につけられると、その後の見える世界が驚くほど変わるからです。

 

お金を稼ぐ大変さが分かれば、何にどれだけお金を使うべきかが投資という観点で考えられるようになります。また、その後に会社を大きくしていく経験をすれば育成や組織運営という経営者感覚が身に付きます。この感覚はなかなか会社員として働いていても、大きい会社では経験させてもらえる立場になるまで時間がかかりますし、経験できてもすぐ身に着くスキルではありません。

captainpentagon.hatenablog.com

 

下手をすると一生無縁のままサラリーマン人生を歩むことになるでしょう。確実に一定数の人間は、サラリーマンに向いてないあるいはストレスで体を病むので、今の内から自分はどちらの人間なのか考えることをお勧めします。そして、考えた結果、自分はサラリーマンに向いてないと気付いた時、このスキルを若くして身に着けられれば、様々なことに挑戦できるでしょう。

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415282144_TP_V.jpg

戦略的な過ごし方でこれからの人生変えよう

ここまでで、大学生時代の過ごし方でオススメできる過ごし方を紹介しました。中には既に挑戦しているという方もいらっしゃれば、考えたこともないというような方もいらっしゃるでしょう。

 

今からでも全く遅くありません。今回紹介した過ごし方で努力していけば、憧れの会社に入社することも、社長になって人生勝ち組になることも夢ではなくなります。

 

だらだらと時間を過ごすことも大学生時代の醍醐味ですが、そろそろ何かを始めたいなと考えているけど始められていないという方にとてもおすすめできるのでぜひ参考にしてみてください。

 

リーダーに抜擢される、上司から一目置かれている証拠です。しかし、リーダーと言っても何をするのが本質的な仕事なのか、それを理解している管理職や現役リーダーは数少ないでしょう。筆者もリーダーになりたての頃は言語化できていたかというと正直難しいところであります。今回は、そんな筆者のリーダー経験を交えつつおすすめのリーダーシップを学べる本をご紹介します。

 

リーダーシップとはいかに

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CL1012_kaidan220140830113259_TP_V.jpg

筆者は大手IT系の会社員で4年目を迎えています。新人の頃は周囲の方からいびられつつも愛の鞭をもらい、仕事に励んでいました。4年目にもなると、小さいチームに抜擢されました。しかし当時、リーダーの仕事や小さいけれど大事なことを身につけた状態で着任していたかというと怪しいところです。まずはそんな経験をもとに現状で筆者が理解しているリーダーシップを暗黙知的なレベルからまとめてみます。

 

www.marunouchi.tech

 

リーダーたるものメンバーと話せ

まずはシンプルかつ強力なメッセージです。メンバーと話しましょう。とある話では戦略コンサルから大きい会社の社長に就任した人が、まず最初に行ったのは社員とマンツーマンで会話するところからだという話があります。社員のレベルからすると話せるだけでも信頼を感じられるものです。ほんのすこしの時間を投下するだけで信頼を形成する基盤ができるのですから、メンバーと会話する重要性を理解できるのではないでしょうか。

 

リーダーたるものメンバーの不満を吸い上げろ

こちらもシンプルなメッセージです。リーダーの重要な仕事として、メンバーの不満を吸い上げて解決するというものがあります。メンバーは様々なチーム課題を解決してくれるリーダーに徐々に全幅の信頼を寄せてくれるでしょう。逆に、問題を解消してくれないリーダーには不満が溜まっていきますからリスクを伴います。この辺のリスクマネジメントもリーダーの職務範囲ですね。

 

リーダーたるもの空気を明るくしろ

 

これがメンバーレベルからリーダーレベルに着任した人が最初に戸惑うことの1つかもしれません。素養としてリーダーシップのある、例えば部活で主将をしていた方はピンとくるでしょう。空気が淀んだチームはパフォーマンスが低下します。しかしリーダーがひと笑いを起こせば空気は一変します。これはリーダーにしかできないこと、リーダーがやるべきことなんです。一見ピエロのように笑いを作るリーダーがいるとしたら、それは意図的にピエロ役を買って出てるのかもしれませんね。

 

リーダーシップを学べるおすすめの本

では早速、リーダーシップを学べるおすすめの本をご紹介していきます。

 

優れたリーダーはみな小心者である。

 

ブリジストンのCEOから学ぶリーダーシップ 

こちらの本のコンセプトメッセージは、「繊細さ」を束ねて、「強靭なリーダー」になる、です。世界的メーカのブリジストンのCEOから学べる本となっています。こちらの本が主張しているとは、大胆なだけのリーダーは十分ではなく、真のリーダーは繊細さを兼ね備えているということです。ともすると、リーダーになるとこれまで以上に気持ちが強くなり、オラオラする人が出てくることも事実です。しかし、それでは組織を束ねるリーダーとしては不十分ということを説いています。

 

優れたリーダーはみな小心者である。の評価

 

この商品のレビューは全て高評価になっていて(2018年3月3日時点)、とても期待ができそうです。ぜひレビューをチェックしてみてください。

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 優れたリーダーはみな小心者である。

 

 

正統派リーダーの教科書

 

 正統派リーダーになりたいあなたへ

こちらの商品は、あの松下幸之助の最強参謀の方が執筆した本となっています。ビジネススクールの題材にもなることが多い松下幸之助の考え方を近くで見ていた最強参謀の徳くリーダーシップは興味が出ますよね。こちらの特徴は、数字や理論というよりもより実践的なプラクティカルな部分にあります。松下電器が成功した9つの要因も紹介されていますから興味のある方は是非ご一読くださいね。

 

正統派リーダーの教科書の評価

こちらも2018年3月3日現在でとても評価が高いです。ただマニアックなためか、レビュー数が少なめですね。

Amazon.co.jp:カスタマーレビュー: 正統派リーダーの教科書

 

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 リーダーシップを説いた読みやすさ抜群の本

こちらの商品はスターバックスなどのCEOを歴任した岩田さんが執筆した本です。Amazonのレビューを見ても、読みやすいという評価が多いのでリーダーになりたての方にとてもオススメできます。リーダシップ論はとても抽象的で取っつきにくいですから、まずはこのような読みやすさを重視しても良いですね。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方の評価

読みやすい、分かりやすい、参考になるといったコメントが多く見られるだけにとても期待できますね。

www.amazon.co.jp

 

リーダーシップを本で学んで実践に生かそう

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CL1011_kaidan120140830113234_TP_V.jpg

リーダーシップに関する本をご紹介しました。どれも実践的で様々な経営者のリーダシップスタイルを参考にできると思います。しかし読むだけでは身になりません。筆者も現場でのメンバーの悩みや愚痴などを聞いて初めてリーダーたるポジションの重要性を気付いたものです。読者の皆様も早速座学で学び、現場で活かしましょう。

 

新卒という大事な就職への切符を、大企業に使うべきか、いやいやベンチャーに使うべきかと悩んでいる就活生は多いでしょう。筆者自身も就活生の頃は、様々な規模の企業の説明会に参加しては、面接を受け様々な経緯を経て現在の企業で働いています。

 

captainpentagon.hatenablog.com

どちらがいいというわけではなく、それぞれのメリットとデメリットがあること、また大企業とベンチャーと言っても一括りにはできなく各企業ごとに事情は異なることはご承知おきください。今回はあくまで筆者の経験にはなりますが、大企業とベンチャーへ入社することのそれぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

 

大企業に入社するメリット

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yotakaGJ0925_TP_V.jpg

 まず大手企業に就職するメリットからご紹介します。そもそも大手企業とはどれくらいの規模のことを指しているのか、から説明が要りますね。この点についてですが、ここでは東証1部上場している企業を大手企業と呼ぶことにしましょう。

 

captainpentagon.hatenablog.com

日経平均に選ばれるような会社のことですね。稀に東証一部に入っていてもおかしくない大企業が実は未上場というケースもありますが、それは各社の戦略次第なので例外ということで考えてください。では、そんな大手企業で働くメリットを、身につくスキル、ワークスタイル、経済インセンティブ、3視点で整理したいと思います。

 

身につくスキル 組織超整調力

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YOTA93_ippon15134025_TP_V.jpg

 身につくスキルで、大企業で普遍的に共通するものがあるとすれば、それは組織調整能力につきます。かっこよく言うと、オーガナイズケイパビリティーです。組織調整能力とは何かというと、多種多様なスキルや背景を持つ数多の関係者の利害を調整し、目的を一致させ同じゴールを目指す舵取りをする能力です。

 

コミュニケーション能力ではないの?と疑問を持たれた方もいるかと思いますが、半分正解で半分不正解です。企業における能力のベースは、ロジカルシンキングなので仲良くなるだけのスキルは不要です。

captainpentagon.hatenablog.com

 

大手企業は数多のいろいろなポジションの人たちと協働せざるをえませんから必然的に調整能力が身につきます。これは大手企業であれば、研究職などの特殊な触手以外ではほぼ共通するスキルかと思います。そんな調整能力、別にいらないよという方もいるかと思いますが、本当にそうでしょうか。出世すればするほど調整能力は役に立ちます。交渉というと分かりやすいかもしれません。

 

www.marunouchi.tech

 

 サークル活動などでイメージすれば理解できるでしょう。メンバーをまとめられない部長の存在意義はありません。調整能力が何に役立つかというと、むしろ大手企業で働くことを考えると調整能力なくして大手企業で出世できません。というのが率直な感想です。大手企業で出世するということはすなわち数多くのメンバーを抱え株主などステークホルダーに説明責任を果たしながら働くということですから、調整能力がないと出世の道がないのです。

 

ワークスタイル 概ね管理されているため良好

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL0012-oinaninetenda20140722_TP_V.jpg

 次にワークスタイルという視点から説明していきます。ワークスタイルという言葉、極めて抽象的ですが、働く上での職場環境という観点で考えてみましょう。

結論として、大手企業の労働環境は抜群に良いです。決して冗談ではなく、抜群に良いです。これは大手企業のメリットの1つとしか言いようがなく、そうでなければ上上企業として社会に存在できないのです。

 

どういうことかというと、上場している企業は基本的に監査が入るので労働環境に関してちゃんとしている必要があります。なので、残業時間のマネジメントや残業代の支払いなどはちゃんとしていますし、パワハラやセクハラがあれば異動することも可能です。稀に近年か重労働で問題になった広告会社のようなケースがありますが、是正されてきているので全体的に大企業のメリットと言えるのではないでしょうか。

captainpentagon.hatenablog.com

 

 さらにもう1点、働き方という視点でいうと、他に風通しの良さなどが気になるところかと思います。こういった社風に関しては企業ごとにカラーが異なるので一概には言えないところです。

 

 また個人的に最大の特徴と考えているのは、予算です。お金を潤沢に持っている企業が多いので、なかなか出来ない規模の大きい仕事を、会社のお金を使って挑戦できるというメリットがあります。稀に予算が余ったので消費して、というなんとも言えない仕事が舞い込んでくる音もあるのが玉にキズではあります

 

とはいえ、失敗したとしても会社のお金ですから何の傷にもなりません。また大手企業ですと長年の経験から分野ごとのナレッジがとてつもなく溜まっています。こういったナレッジはアクセスするのが大変ですから、盗むチャンスと捉えるとメリットになります。

 

金銭メリット 安定かつ高級

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/bitcoinIMGL4432_TP_V.jpg

 最後に経済インセンティブについて説明します。大手企業の給与は、基本的に世の中平均より抜群に高いです。これも大手企業で働く上で、確実なメリットの1つでしょう。ボーナスも年に2回、それぞれ2ヶ月分支払われるのも素晴らしいです。年に1回だけというような企業もありますから、これは大手企業の良いところです。

 

 また給与以外でも金銭的なメリットはあります。本質からは外れますが、割と地味に効いてくるものですが、大手企業の場合は金融機関からの信用があるため(簡単に倒産しないという意味での信用)、住宅ローンを借りやすいです。むしろ、銀行が貸したいくらいではないでしょうか。就活生のうちはそんなに気にしないでしょうが、30歳を目前にしたあたりからこういったメリットをまじまじと感じ始めるでしょう。

captainpentagon.hatenablog.com

 

大企業に入社するデメリット

 一方で大手企業で働くデメリットは何になるのでしょうか。ここからはデメリットの解説を始めたいと思います。メリットだけではないのです。

 

身につくスキル 幅広さは劣る

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V.jpg

端的に言うと、特定分野にしか精通しなくなる、幅広さがないというのがデメリットかと思います。どういうことかというと大きい会社では組織効率を上げるために、一般的に縦割り型の組織体制が多いので隣の部署が何をしているか分からない、という話があるように自分の守備範囲が狭くなりがちです。そうすると特定の事は詳しいけど他は一切分からないというようなケースになりがちです。餅は餅屋という言葉通りの状態になります。

 

ワークスタイル 会社によるがまったりが多い

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PASONA_8_TP_V.jpg

こちらの観点では、ハングリー精神の欠落がデメリットになり得るでしょう。大きい会社ですとどうしても安定していますから、気合いの入った感じでもっと稼ぐぞというような人は集まりづらいです。保守的というかリスクテイクする思考の人は少ないかもしれません。

captainpentagon.hatenablog.com

 

どちらかというとまったりしたいといったような安定志向の人が多いですから、ガツガツと稼ぎたいというような志向の人には居心地が悪いかもしれません。公務員というほどではないですが、性質として近いものがありかもしれないです。とはいえ、この部分は会社による部分がとても大きいのであくまで参考程度と捉えるといいでしょう。

 

人脈 人間関係が浅くなりがち

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DI_IMG_5704_TP_V.jpg

こちらは個人的に気になるデメリットです。規模が大きい会社だと、働く人数が非常に多くなります。人間1人が管理できる人数というのは30名が限界と言われていますから、数千人規模の大企業は会社の99%の人を知らないという状態になります。

 

captainpentagon.hatenablog.com

そして、人数が多くなれば必然的に1人1人の関係の濃さが薄まります。従って、大手企業だと仕事の話しかしないような関係性が多くなりがちな構造になるのです。こういった面も人によっては大変なストレスになるでしょうから、どういった職場が自分に合うかは考えたいテーマです。

 

ベンチャーに入社するメリット

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA151005028213_TP_V.jpg

さてここまで大手企業のメリットとデメリットを説明してきましたここからはベンチャーのメリットとデメリットの解説をしていきます。ここではベンチャーを未上場の50人以下の企業とでもしましょう

 

身につくスキル 幅広さ

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL008-naniittendakoitu20140722_TP_V.jpg

 冒頭で述べたことの裏返しになりますが、ベンチャーで働くことで身につくスキルとしては、なんでも身につくというのが率直なメリットかと思います。ベンチャーでは人数が圧倒的に足りていませんから、それだけ1人が抱える仕事の幅が広くなります。もはや自分の守備範囲という概念はそこには存在しないでしょう。

 

ですので、守備範囲を広げたいという方にはうってつけかと思います。財務から事業戦略や営業までと様々な経験をこなすことができるでしょう。

captainpentagon.hatenablog.com

 

 またスキルとは異なりますが得られる経験として、ベンチャーで働く経験そのものが財産となるでしょう。将来的に自分も企業して財を成すのだという志の人には、ベンチャーで働く経験こそが1番の財産になるでしょう。なかなか経験できるようなことではないので企業する際には武器になる可能性は高いです。

 

ワークスタイル ガツガツしたい人に最適

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL205_white220140830183704_TP_V.jpg

これはもはや直感的に理解できるのではないでしょうか。ベンチャーのワークスタイルとして、いつ潰れてもおかしくないという危機感から、ガツガツした人が多かったりします。少なくともマッタリを求めてベンチャーには入社しないですよね。

 

また、ベンチャーでは人数が少ないですから何か施策を考えた際に承認を取るまでのプロセスが短いので煩わしさが少ないことがメリットと言えそうです。

 

これは地味に大きなメリットで、人数が多いと承認プロセスが長く施策を打つまでの時間が長くなりがちなのですが、ベンチャーではそういったこととも無縁そうです。

 

このことは従業員レベル特に新卒の若手社会人としては、成長スピードが高いということに繋がりますのでメリットになります。

 

経済インセンティブ ストックオプション

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NKJ52_mezasuhananbar1_TP_V.jpg

 続いて経済インセンティブですが、ベンチャーに関して言うとストックオプションをもらえるかどうかに寄るといったところです。ストックオプションとはざっくり言うと、未上場の会社の株をもらえる制度のことです。上場時には何百倍の価値になりますから、どれだけもらえるか次第ですが億り人になれるチャンスです。

 

しかしリスクとしては、ストックオプションをもらえたとしても上場しなければ下手をするとただの紙切れとなるのでなんとも言えないところではあります。ちなみに、ストックオプションをもらうにはなるべく人数の少ない時期に入るのが得策です。

 

ベンチャーに入社するデメリット

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_yarukiwoataerueikaiwakousi20140531_TP_V.jpg

 

一方でデメリットは何になるか説明します。ベンチャーのデメリットは何でしょうか。

 

身につくスキル 実はスキルにばらつきがある

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415361974_TP_V.jpg

スキル面でのデメリットとしては、上司次第でスキルの質がばらつくリスクがあることでしょうか。実は意外に思われた方も多いことでしょう。大企業では、基本的に働き方が標準化されていますから、概ね一定のレベルまでスキルを磨くことが可能です。

captainpentagon.hatenablog.com

 

しかしベンチャーでは、標準化されていませんから、スキルにばらつきが出ることがあります。また、人数が少なく年数も若いのがベンチャーですから、上司次第で何が正解かが分かれます。つまり一般的に正しい考え方かどうかは誰も教えてくれず、上司が正解というような状況になりがちです。

 

ワークスタイル 管理は不安定

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AL007-acya-damedeshita20140722_TP_V.jpg

ワークスタイル観点は、大企業のそれと真逆になります、労働環境のマネジメントも行き届いてないでしょうから、自分自身が管理できないと過重労働となる可能性があります。

captainpentagon.hatenablog.com

とはいえ、ご自身が選択されたことであれば納得もできるでしょうから人によってはデメリットにはならないかもしれませんね。人数が少ない分目も届きやすいのでクリティカルなことになるリスクは少ないでしょう。

 

経済インセンティブ 基本給が少ない

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/cc0160124454_TP_V.jpg

 ベンチャーで働く上での経済インセンティブの、デメリットは基本給が少ないことです。大手企業と比較するとどうしても基本給が少ないことが多いです。

 

これはしょうがありません。ベンチャーの宿命です。とはいえ、生活ができないレベルなんてことは確実にありえないので、人生一発勝負したいストックオプション狙いの方であれば問題ないでしょう。

 

大企業とベンチャーの違い

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUSEI_eigyousakinihicchihaiku_TP_V.jpg

ここまで大手企業とベンチャーのメリットとデメリットを紹介しました。要約して言うと、じっくりコツコツ働く草食的なのが好きな人は大手企業が、そんなコツコツやってられないガツガツしたいという体育会系的な人にはベンチャーが向くと思います。

 

それぞれの会社でカルチャーが変わってきますから大手で働くかベンチャーで働くかはよく考えて意思決定しましょう。



大企業に向いている人

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK58_niconicokyoushi_TP_V.jpg

大企業に向いている人は、ここまで紹介してお分かりの通り、多くの人と強調して課題を解決できる人が向いているでしょう。大企業の宿命として、成長を続けるほど組織が縦割りに専門的になります。

 

従って、ほぼ1人で完結する仕事はなく人間関係が仕事のパフォーマンスの過半数を占める構造になりがちです。それを気持ちよいと思うかどうかが向いているかどうかの一要素となるでしょう。

 

ベンチャーに向いている人

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150415511840_TP_V.jpg

一方で、ベンチャーに向いている人はどんな人でしょうか。個人的にはベンチャーで働いて一攫千金を狙う人生はすごくチャレンジングで面白いと思いす。困難さを楽しめるようなメンタルタフネスが高い人はベンチャーで一攫千金を狙う働き方を選択するのも面白いと思います。

 

新卒という大事な切符を何に使うか考えよう

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/MAX75_yubisasu20141025120158_TP_V.jpg

ここまで説明して、誤解して欲しくないこととしては、どちらが良い悪いはありえないということです。あくまで適正の問題です。なのでご自身がどちらが向いているのかはご自身で結論を出してください。

 

基本的には、大手企業はじっくりコツコツな農耕民族型、ベンチャーはガツガツとした肉食型の働き方となることが多いでしょう。自分が幸せな働き方はどちらなのかじっくり考えて意思決定してくださいね。

 

就活を始めようとすると、まずインターンという言葉が出てきますよね。今回はインターンという就業体験において、民間企業だけではなくNPO法人という選択肢があることをお話しします。とはいってもNPO法人を良く知らない大学生も多いでしょうから、NPO法人が何かからお話ししますね。

 

 

 

NPO法人とは、Non Profit organizationの略語でして、非営利団体という意味になります。民間企業は一般的に、営利を追求する企業体ですから、そういう部分に違いがあります。ではそんなNPOの社会的意義とは何なのかというと、地域おこしや介護など社会が抱える課題にフォーカスすることで社会に貢献する使命をもったところに意義があり、実際にそういう部分に惹かれてNPO法人でのインターンを決めた大学生も数多くいます。

 

www.marunouchi.tech

 

NPO法人と企業でのインターンの違い

では、インターンという文脈においてより踏み込んで解説していきます。ここでは、働くモチベーション、向き合うテーマの幅広さ、得られる経験という3点で整理します。

 

 

働くモチベーション

まず1つめは、働くモチベーションです。大学生の皆さんであればアルバイトをして生計の足しにしていることでしょう。アルバイトでのモチベーションは何でしょうか。給料を頂くことで生活費の足しにすることが主目的だと思います。

 

これをNPO法人でのインターン、民間企業でのインターンで考えると、前者の場合ですと社会課題の解決への挑戦といった色が強くなりますし、後者であれば企業理解といったより就職活動そのものをしているイメージが強くなります。

 

 

 

つまり、NPO法人でのインターンは真に社会課題の解決に挑戦すること自体をモチベーションとすることができるのです。

向き合うテーマの幅広さ

次に、向き合うテーマの幅広さについてお話しします。NPO法人でのインターンでは、向き合うテーマの選択肢は数豊富です。地域といった行政系のテーマから、医療系、教育・福祉など本当に様々な個別具体的な社会課題が待っています。

 

 

 

個別具体的という言葉が肝で、民間企業だと特定の地域や特定のテーマにフォーカスすることは市場規模を狭くすることに繋がるので概ねの民間企業では最大公約数を狙います。

 

一方で、NPO法人では法人オーナーが思い入れの強い地域を対象として活動されている場合、基本的に地域に密着したテーマ設定となるため活動も地域密着型になることが多いです。その分、テーマの奥深さはとても深くなるためそれを魅力と捉えると面白く感じるでしょう。

 

得られる経験

最期に、得られる経験についてお話しします。端的に言って、NPO法人では人との関わりが民間企業のそれよりも濃くなるような構造になっています。それは活動自体が人と向き合うことが多いという業務上の性質もあれば、共に働くメンバーが同じように熱血なタイプの方が多いという人材的性質の2つが理由です。

 

 

 

民間企業ではなかなか得られない濃い経験を出来る可能性が高いので、最後の大学生活を突っ走りたいという方にお勧めです。

 

NPOでインターンするからこそ、できること

NPO法人でインターンするからこそ、出来ること、それは同志と同じ社会課題に向き合うことです。かっこいいなと感じた大学生は素直な感性をお持ちです。NPOがやっていることはかっこいいです。

 

 

 

そして取り組むこと自体もチャレンジングで楽しいことが多いと思います。この経験はいずれ民間企業に入社しても財産になるでしょうし、インターンで出来た友人や先輩とのつながりは貴重です。

 

NPO法人でインターンをしよう

 

ここまでNPO法人でインターンすることの魅力をお話ししました。まだ民間企業で働くことと悩んでいる方もいるでしょうが、NPO法人での経験は得難いものですし長期期間での挑戦が求められる傾向にあるので気持ちの整理がつけばぜひ挑戦してみてくださいね。

 

分析という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか。普段から分析を業務の生業としている筆者が普段から思うところを記載していく。今回の話は、分析という内容を深いレベルで理解することで差をつけたい就活生や、普段の業務でマネージャーから分析とは何か説明したまえといった意地悪な質問をされる若手社会人までためになる話にしたい。

 

www.marunouchi.tech

 

分析とは分けること

結論から言うと、分析とは分けること、であります。文字通り、分けて解析する。これだけだと何のことだかわからないので、ビジネスや研究において分けるという行為を説明しよう。

 

分けるとはすなわち、人間の認知的行為において何かと何かの違いを認識できることと同義である、と説いたのはかの有名な戦略コンサルタントの波頭亮氏である。波頭氏の執筆した書物は、筆者はある程度抑えていて今回の文脈でいうと、「思考・論理・分析」という本が該当するだろう。

 

この本においても、分析とは分けること、分けることとはすなわち2つ以上の物事の違いを認識できることとある。ビジネスにおいては、例えば売り上げを単価と販売数量に分ける。研究であれば、ある成分とまたとなる成分に分ける。などがあるだろう。

 

この時注意したい点としては、比較対象を揃えるということと、切り口を揃えるということの2点である。

 

分析では比較対象を揃える

比較対象を揃えると聞いて何を思い浮かべるだろうか。Apple to Appleという言葉を知っている読者も多いだろう。分析において、ある物事Aと物事Bをある切り口において比較する時、物事Aと物事Bは同類のものであるべきであり、かつ比較する際に差異がある条件は唯一であるべきだ。

 

これは自然科学における研究でも当然のルールとされているだろうが、ある差分を物事Aと物事Bに与えた時にその差異がとある切り口に切り口を与えるか否かを分析したいのであれば、同類のものであり差異以外に異なる要素を持ち込んではならない。

 

持ち込まないことで、差異が任意の切り口に影響を与えたという結論を支えることになる。もしそもそも異なる物事であれば、検証したかった差異ではなくそもそも物事が異なる方比較にならない、といったことになりやすい。

 

思考・論理・分析

 

今回ご紹介する本は、上記の概念を一通り説明しており、就活生から若手社会人にとてもオススメだ。筆者も大学生の頃、この本を手にとってロジカルシンキングや分析といった概念そのものを考えるきっかけを得た。

 

社会人の方であれば共感もらえる気がするが、働き始めると1つ1つの概念に自分なりの考察がないととても議論で価値のある発言ができないし、自分の主張に納得感を持たせることも難しい。

 

そういった意味で、就活生には就活前かあるいは少なくとも入社する前に、この本で概念自体を考え直し自分の言葉で語れるようになってほしい。そうすることでライバルに差をつけやすくなるし、スタートダッシュになるでしょう。皆さんが思っているより、入社してからの出世競争は激しいです。

 

分析における良くあるミス

では最後に分析におけるよくあるミスを筆者の経験から抜粋してみよう。

 

Apple to Appleではない

まず頻出するのは、比較対象が比較対象たり得ないことである。そもそもリンゴと梨の栄養素を比較しても、果物の種類が異なるのでメッセージとして面白いものは出てこない。やるのであれば、生育土壌の異なる同種類のリンゴを比較して、どちらが栄養素が良いかを比較すれば、土壌によるものという考察をしやすいだろう。

 

外部環境の前提が変わっている

これはビジネスでも研究でもよくあるミスだろう。よし、Apple to Appleだし比較になっている!と思っていても、実は外部条件が異なっているということで比較にならない、というケースはよくある。

 

筆者の場合は、比較したい時代背景が異なっていて比較にならないと教授に指摘された経験がある。これはビジネスにおいては、あるサービスではこういう事例がありました、なのでこのサービスでも同様に考えています。という発言は、この手の指摘がされやすい構造にある。つまり前提条件が違いますよね?と。

 

したがって、こう言った主張をする場合は、どういう前提条件が共通していれば、ロジックが通るかを考えると良い。

 

分析力があれば出世も近い

結局のところ、ビジネスも研究も概ね、自分なりのオリジナルな分析をしてオリジナルな考察をつけてオリジナルなアクションに繋げる、それだけです。それには分析力が大事な要素となります。

 

出征も近くなることでしょう。若いうちから分析力を高めていくことで生涯年収を高めていきましょうね。