治験バイト情報などを紹介します

治験バイト情報などを紹介します

【お得】格安スマホのメリットデメリットまとめとおすすめランキング

【お得】格安スマホのメリットデメリットまとめとおすすめランキング

給料もすぐには簡単に増えないこの時代、増えてもスズメの涙程度という会社員は多いです。そんな中でスマホという新しい通信費も生まれ家計は火の車。なんてことにならないように、節約できることはできるだけ節約したい!

 

そんなあなた向けにおすすめの格安スマホの話をば。格安スマホにすれば毎月だいたい5000円は節約可能です。年間で6万円!国内旅行が楽しめますね。格安スマホでお得に人生を楽しみましょう。

 

目次

 

格安スマホとは

格安スマホは月額料金が安いスマーホフォンの総称です。この価格が安いというところから乗り換えたいなーと思っている人も多いです。しかし格安スマホはすごく数が増えていますし、それぞれの違いやメリットデメリットを整理して把握しないと乗り換えてから後悔するなんてこともありえます。

 

ということで、格安スマホの基本的な話から、格安スマホが向いている人向いていない人、おすすめの格安スマホのご紹介をしていきたいと思います。

 

www.marunouchi.tech

  

格安スマホはなぜ安いのか

まず格安スマホの基本的な話として、なぜ安くできるのか?を解説します。これは完全にビジネス的な側面での話になりますが、格安スマホを扱う会社は、自社で通信回線を持たない、三大キャリアの通信回線をレンタルしているという特徴があります。これは経営用語でいうと、アウトソーシングです。このアウトソーシングのため、3キャリアのように莫大な初期投資や高額な維持費が必要なくなります。

 

専門用語にはなりますが、このような設備投資をアウトソーシングして、他社から通信設備を借り受けることによって、音声通信やデータ通信などのような一般的な携帯電話の提供価値を実現するビジネスプレイヤーのことをMVNOと呼びます。

 

これもまたビジネス的側面の話になりますが、このMVNOは戦略方針として低コスト運営で低プライシングをするのが基本戦略です。ですので、実店舗を基本的には持たずネットでの申し込みがメインになります。当然その分、店舗の家賃や人件費もかからないために低コストでの運営が可能になり安くなるというわけです。

 

このようなビジネス構造を持つおかげで、気になる月額料金の相場は1,600~2,500円(端末代別)となっています。これは3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)と比較して、月額3,000~5,000円程度も安くなっています。これだけ安いと結構な生活インパクトがあります。人によってはスマホのプランを見直していないので1万円ほど節約できる場合もあります。筆者のことですがw

 

3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)が高い理由

一方で、ドコモ、au、ソフトバンクという、いわゆる3大キャリアが高い理由はもうご察しでしょう。3大キャリアは、自前で通信回線を保有しています。これを経営用語でいうと、自前戦略と言います。話は逸れますが自前戦略は、いわゆる自社にとって強みとなる資産や設備は自前で確保することで競争優位を実現する戦略です。

 

しかしながら、この通信回線を作るのにはそれはもうすごい投資が必要です。想像するだけでも日本全国でネットが繋がって電話もつながるインフラ環境を用意することって結構すごいイメージありますよね。

 

また初期投資だけではなく、当然ながらインフラなので、何かあってもすぐに直したり、日々のメンテナンスも非常にお金がかかります。この結果、格安スマホとの月額料金に差が出るのです。もちろんその分、品質面は3大キャリアが優れます。

 

格安スマホのメリット

ここまで読むと格安スマホは品質が劣る分安いんじゃないか?と思われるかもしれません。しかしそれだけではないのです。格安スマホのお得ということ以外のメリットも見ていきましょう。

あなたに合うぴったりの格安スマホのプランを組める

安さの理由の箇所でも説明しましたが、格安スマホは自分に必要なサービスだけを選べるというカスタマイズ性に大変優れています。なので、あなた自身がしっかりとサービスを精査すればムダが一切ないあなただけのプランが作れちゃいます。

 

例えば、カケ放題をつけるのかつけないのか、SMS(ショートメッセージ機能)をつけるのかつけないのか、など逐一自分で選ぶことができます。そして当然ながら機能として省けば省くほど、月額料金は安くなりますね。ご自身もお気付きの通り、3大キャリアは傾向として、不要なサービスも何かと言い訳をつけてプランに盛り込む傾向が強いです。そしてことば巧みに契約してあとは忘れるので余計な支払いが継続していしまいます。格安スマホならそんなこともありませんね。

 

他にもサービス以外の視点として、基本データ容量であるとか、ほぼスマホを使わないというニーズもあればそれに合わせたデータ容量のプランを組めることも安心材料の1つです。

格安スマホは契約の条件が比較的ゆるい

3大キャリアには、今まで使っていたことがあればわかるように契約してから2年以内に解約すると9,500円の契約解除料が発生するという、いわゆる2年縛りがあります。これが結構厄介で筆者も格安スマホに移行しようとして相談したら、今のタイミングですと契約解除料がかかりますと言われしぶしぶ2ヶ月も待ちました。

 

しかし、格安スマホの場合ですと、こんなに縛られるケースはそう多くはないです。例えば、mineoや楽天モバイルであれば1年です。この差は結構大きいですよね。

 

格安スマホのデメリット

一方で格安スマホのデメリットはあるのでしょうか。結論から言うと人による、って感じですが、ほぼデメリットじゃないんじゃないかとさえ思います。

キャリアメールは利用できない

キャリアメールってご存知でしょうか。おそらく契約している方でさえ、今の時代だと認識すらしてないんじゃないかとさえ思うほど浸透していないのがキャリアメールです。キャリアメールとは、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などのいわゆるキャリアのアドレスが明記されているメールアドレスのことです。

 

デメリットの1つ目として、3大キャリアから格安スマホに乗り換えると、このキャリアメールと言われる、「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」などが、使用できなくなります。多くの人はgmailまたはyahooメールなどフリーメールを使っていることと思うのでこれはあまりデメリットにはならないかと思います。

設定は自らの手で

多くの人はご存知ですが、3大キャリアでスマホの契約をすると、実店舗で契約することが多いためか、すぐに電話やネットの閲覧ができる状態にして、スマホを渡してくれることが多いですよね。これはすぐに使いたい場合は非常に重要だったりします。

 

しかし、残念なことに格安スマホの場合だと徹底的なローコストオペレーションの結果、自分で利用までの設定を頑張らないとなりません。具体的には、APN(アクセスポイントネーム)という接続情報の設定を自ら頑張って行う必要があります。これは疎い人には相当の関門となるかもしれません。

 

とはいえ、当然のサービス品質として説明書が手元に届くのでそれを読んでいけばそこまで苦労することはないでしょう。苦労が目に見えて着れば頼れる誰かを呼ぶきっかけにしてください。

 

とはいえかなり心配だという人向けに実店舗がある格安スマホを紹介

すごく心配であればカウンターがある実店舗での契約もありです。

直営店がある格安スマホはこちら

安心の直営店がある格安スマホはこちらがメインです。

Y!モバイル、ヤマダニューモバイル、イオンモバイル、UQモバイル 楽天モバイル、U-mobile、mineo、QTモバイル

 

家電量販店で扱いのある格安スマホはこちら

主要駅にある家電量販店での契約であればこちらがメインです。

Y!mobile、UQ mobile、IIJmio、nuroモバイル、ヤマダニューモバイル、LINEモバイル、U-mobile、NifMo、mineo、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、b-mobile、BIGLOBEモバイル

 

格安スマホ通信速度は遅いこともある

通信設備をレンタルしているだけあって、直感的に通信速度が遅いんじゃないかと思った方は多いでしょう。確かに、格安スマホにしたら、通信速度が遅くなったと感じる人も少なくないようです。格安スマホは通信回線をレンタルしているため、特にアクセスが集中するランチタイムや、夕方から夜間には速度が遅くなる傾向にあるようですね。

 

しかし詳細に細分化して整理すると、遅い格安スマホもあればあまり変わらない格安スマホもあるということがわかっています。nuroモバイル、b-mobile、UQモバイル、Y!モバイル、楽天モバイルあたりはそこまで遅くなりようです。

 

格安スマホ通話料が高くなる場合がある

これはちょっとデメリットというか、リスクに近くてさらにあなた自身が回避可能なリスクです。何かというと、3大キャリアの場合、ほとんどの人が時間無制限のカケ放題プランを契約しているので、通話料を気にする人は少ないです。

 

しかしながら、格安スマホの場合だと、カケ放題は完全オプションであり、さらに格安スマホに契約するくらいなのでカケ放題でのオプションをつける人は限りなく少ないでしょう。となった時に注意が必要です。

 

つまり今までの慣れでついつい長電話しちゃうと、むしろ今まで以上にお金がかかっている!なんてことになりかねません。なので、リスク回避のためにしっかりと今までの平均的な通話時間とこれからの通話時間の見立てを行いましょう。

通話が長い人は無料通話アプリを使いましょう

どうしても通話したい人は、LINEを使ってください。以上です。

格安スマホキャリア決済はできない

キャリア決済を知っている人も知らない人も半々くらいでしょうか。キャリア決済とは、有料のゲームをダウンロードしたときやゲーム内で課金したときなどに使える決済手段です。多くはその課金額を月額利用料の引き落としと同時に引き落とされます。なので、浪費している感覚が薄いという特徴があります。

 

で、格安スマホだとなんと!このキャリア決済が使えません!これは幸なのか不幸なのか!手軽な決済手段がなくなるので浪費を予防するいいきっかけとも言えますね。これも別にクレジット決済など今では多種多様な決済手段があるのであまりデメリットにはならないでしょう。

 

格安スマホのTwitterでの声

この人はUQモバイルを選んだようですね。

 この人はこれから格安スマホデビューでしょうか。

 この人は、猫か、、、。格安スマホデビュー当日だったようです。

 

結構な人数が格安スマホを使っているようです。あなたも出遅れることは許されません!

どんな人が格安スマホに向いているか

 さてさて、ここまで読めば格安スマホに向いている人向いていない人なんてすぐにお分りいただけることと思います。早速向いている人向いていない人を見ていきましょう。

格安スマホに向いている人

まずは格安スマホに向いている人からです。

とにかく固定費節約したい人

これは鉄板ですね。そもそもの目的と言えます。

そもそもあまりスマホを使わない人

これも格安スマホが向いている前提条件みたいなものですね。会社支給の携帯があるなどであれば該当しますね。

ネットもしない人

 これはレアケースかもしれません。ネットをあまりしないであれば格安スマホで十分間に合います。

 

格安スマホに向いてない人

お次は格安スマホに向いていない人です。向いていないというかリスクあるかもしれないというケースですかね。

機械音痴な人 

これはもうごめんなさい。自力で設定できそうになければ難しいです。周りの人を頼りましょう。

スマホを酷使する人

電話や通信などスマホを酷使する人は格安スマホだとストレスがたまるかもしれません。3大キャリアでスマホライフを楽しむ方がいいですね。

おすすめ格安スマホはこれだ!

さあ、長い読書もここで終わりです。ここまで読んで今までの条件を見直した結果、やっぱり格安スマホに乗り換えた方が合理的と思った人、キョーシュッ!はい、結構な数ですね〜。

 

まあ一番肝心な結局どこにするのがいいんだよ?!に答えるのがこの章になっています。そんなあなたのためにいろいろな視点からどの格安スマホがいいのか整理してみました。ちなみに私はmineoです。

DOCOMO(ドコモ)回線の格安スマホ

通信速度重視ならnuroモバイル

こちらは格安スマホの安さという良さもありつつ、 昼も夜も安定した通信速度で使える格安スマホです。あまり知名度はないのと、直営店舗がないため、手厚いサポートは期待できません。しかし、サポートはいらない!自分でできるもん!というデジタルが得意な人には安いし通信速度も早いので大変おすすめです。

サポート体制重視なら楽天モバイル

速度観点では、一番はnuroモバイルなので、nuroモバイルに比べると速度が低下する時間帯があることは少しネックです。とはいえ、2Mbpsを下回ることはないので、中画質程度でよければストレスなく動画を見ること自体は可能です。直営店舗・電話・チャットとサポート体制が整っていることが長所なので、格安スマホ初心者や機械音痴な方におすすめですよ。

 

au(エーユー)回線の格安スマホ

お得さ重視ならmineo

mineoのいいところは、月額基本料金がau回線でトップクラスの安さというところ。速度観点では、夜間の時間帯で少し通信速度が低下しやすいのですが、ネットサーフィンするくらいであれば特に問題はないです。なのであまりネットは使わないからとにかく安くしたい方向けですよ。

 

通信速度とサポート体制重視ならUQモバイル

さあ、きました。あの美人3姉妹で有名なUQモバイルです。CMが有名なので知名度はトップくらいではないでしょうか。UQモバイルのいいところは、3大キャリア並みかあるいは、時間帯によっては3大キャリアさえを超えてしまうほどの安定した高速通信がウリです。その分だけあって、気になる月額基本料金は他の格安スマホよりも1000円ほど高くなってはしまうものの、3大キャリアよりは当然安くなります。ネットをよく使う人向けと言えるでしょう。

Softbank(ソフトバンク)回線の格安スマホ

お得さと通信速度重視ならb-mobile

こちらの格安スマホは知名度としては低いものの、通信速度が早いことで人気です。ただ比較的ユーザ数が少ないとされているためまだ様子見でもいいかもしれません。早期利用して快適な通信速度を楽しみたいという人にはおすすめです。

サポート体制重視ならY!モバイル

こちらの格安スマホは母体がソフトバンクで知名度があり安心して長く使えます。通信速度も今現在では3大キャリア並みの早さです。基本料金に関しては、b-mobileより1000円ほど高いのですが、サポートも3大キャリア並見に抜群なのでお金で質と安心を買いたい人にはおすすめです。 

まとめ:お得に過ごすなら格安スマホは必須です!

 お得に過ごすなら、格安スマホはもう必須ではないでしょうか。毎月5000円ほど受けば毎月ただで飲み食いできる日ができるようなものです。この機会に節約できることはしっかりと節約していきたいものですね。