治験バイト情報などを紹介します

治験バイト情報などを紹介します

【お得】格安スマホを購入して後悔したシーンとその対策を考えてみた

【お得】格安スマホを購入して後悔するシーンとその対策を考えてみた

 

格安スマホで家計をお得にしたいけど、なにやら後悔するシーンがあるからどうしよう?的な迷っている人向けにその後悔するシーンと対策をまとめてみました。これの対策で大丈夫だろうであれば購入すればいいし、だめかもと思えばやめればいいです。

 

目次

 

格安スマホ後悔するシーン①決済手段は主にクレジットカードのみ

これはそんなにクリティカルな要素ではないと思ってはいますが一応書きます。多くの格安スマホでは、決済手段がクレジットカードと利便性が低いです。なので、格安SIMの料金の支払いで、ほぼクレジットカードが必要になります。しかし、今時クレジットカードを持っていない人も少ないでしょうからあまり後悔するようなことではないと思います。

 

後悔するとしたらクレジットカードを持てない一部の学生さんや、現金主義の方が該当数すると思いますがあまりいないですよね。

 

mineoBIGLOBEモバイルなど一部の格安スマホでは、デビットカードや口座振替に対応している格安スマホ事業者も存在します。しかし、選択肢は多くないのが実情です。なので格安スマホ利用したい場合はクレジットカードは必須と思っていた方がいいでしょう。 

 

www.marunouchi.tech

 

格安スマホ後悔するシーン②契約直後はしばらく使えない場合あり

 こちらは地味に後悔しますが、一過性のものなので終われば過ぎ去ります。しかも、対策が可能なのでそこまで重要でもないです。3大キャリアから格安SIMへ移行するとき、申し込みをしてから数日間の間、電話が一切使えないという場合があります。これは仕組み上の問題なのでどうしようもないです。

 

もう少し詳しくなにがどうなっているのか話すと、格安SIMの申し込み手続きが完了した時から、手元にある乗換前のSIMが電話につながらなくなります。そして、その時から新しく申し込んだSIMカードが届いて利用できるまで電話ができない状態になるのです。

 

とはいえ、限定的にはなりますが一部の格安スマホでは、即日利用ができるサービスを提供する事業者もあります。例えば、UQモバイル が提供するUQスポットのような即日開通できる実店舗も数は少ないですが、存在します。このような独自性のある価値の高いサービスがあると嬉しいですよね。

 

UQスポット一覧|【公式】UQ mobile・UQ WiMAX|UQコミュニケーションズ

 

こんな感じで全国各地にあるので、店舗まで出向く手間は拭えないですが、即日で利用できるメリットを享受するためには仕方のないことと言えます。すぐ使いたい人はこちらのUQモバイルを利用するといいでしょう。

 

格安スマホ後悔するシーン③キャリア独自サービスは使えない

これもまあそこまで重要なことではないですけど、後悔するというか知らなかったを避けるためには認識しておく必要があります。何かというと、格安スマホはキャリアで提供されている独自のサービスが利用できません。例えば、ドコモだとDマガジンだとかauであればauパスが該当すると思います。確かに便利なサービスですし、筆者の友人にも加入している友人がいます。しかし、ないと困るものかというと?です。なくても全然大丈夫ではないでしょうか。

 

一方で気をつけたいのは、ドコモであればdポイントなどのキャリアごとのポイントについてです。これらはキャリアの回線と紐付いているために、移行してしまうとそのタイミングで一切ポイントが利用できなくなります。なので結構溜まっている人は早めにポイントを使い切ってしまった方がお得です。ただでご飯たべれるくらいのポイントは溜まっている人が大半じゃないでしょうか。筆者も数千円は溜まっていました。

 

格安スマホ後悔するシーン④キャリアメールは使えないよ 

これもどれだけの人が困るんでしょうか。今時キャリアメールを使っているよ、という人を筆者は聞いたことがありません。キャリアメールとは、「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」といったキャリアの名称がついているメールアドレスのことです。これも格安スマホに移行すると、キャリアメールを利用できなくなります。しかし、筆者の知るところではこれが何にどれだけ影響するのかというとしないのでは?と思っています。

 

というのも、代替手段としていやむしろこッチの方が本流な勢いで、googleさんが提供するGmailなどのフリーメールがメインストリームだからです。mineoであればmineo独自のメールアドレスが使えるようですよ。

 

格安スマホ後悔するシーン⑤なんとLINEでID検索できません

今では多くの人が使っているLINE。通話も無料でできてとても便利です。格安スマホでも、これまで通りLINEのトークや無料通話をもちろん変わらず利用可能です。これができなかったら相当な打撃になるでしょうが、安心してください、使えますよ。

 

しかし、ここで1つ大したことではないですが不便が生じます。何かというと、格安スマホではLINEで友だちを検索したり追加したい場合に、何とID検索が利用できません。あの便利なID検索を利用するためには、現状の仕組みがネックになっています。

 

その仕組みとは、キャリアでの年齢認証が必須となっているというところにあります。そのため、格安スマホではキャリアの年齢認証ができない仕様になっているのです。これはもう仕様なのでどうしようもないです。しかし、ここで1つの光明が見えます。何と2016年秋からサービス提供を開始している、あのLINEを提供しているLINEが、LINEモバイルを提供始めたのです。このLINEモバイルなら、ID検索ができます。

 

とはいえ、絶対ID検索したい!なんて人はいないですし、できなくても他の手段がありますから、全然重要ではないと思います。他の方法では、ふるふるがありますし、QRリーダーで読んでもらうことも可能です。

 

格安スマホ後悔するシーン⑥テザリングできない機種もある 

テザリング、下手したら存在を知らない人もいるかもしれませんが、格安スマホでは一部の機種でテザリングができなくなってしまいます。これも仕様によるもののためどうしようもないですが、できる機種もあるのでしっかりチェックして選ぶことが重要になります。

 

例えば、テザリングを使えない機種でいうと、ドコモのAndroid端末が挙げられます。この原因としては、テザリングを起動した時に、ドコモ純正のSPモードに強制的に切り替えられてしまうために起きます。なので回避策としては、テザリングを行いたい場合には、SIMフリースマホを使うか、iOS8以降のiPhoneを使う必要が出てしまいます。これで回避できる場合はいいですし、それくらいなら我慢するのか、格安スマホを諦めるのかの3択になるでしょう。

 

他方で他のキャリアはというと、auだとAndroid端末においてはテザリングが利用可能ですが、ジョブズのiPhoneではテザリングが残念ながら利用できません。これも残念ながら仕様であるため、SIMロックを解除しても同様に利用はできません。SIMフリースマホであればテザリングは使えるものの、auのネットワークに対応した端末が少ないためこちらも現実的な回避策にはなりえないのが実情です。しかし、テザリングくらいであれば他の人に借りるとかで乗り越えられる範囲じゃないでしょうか。

 

格安スマホ後悔するシーン⑦通信速度が遅くなりがち

他の記事でも触れましたが、格安スマホはキャリアからレンタルしている電波帯域を使用してサービス提供されているので、レンタル先である大手キャリアと比べるとどうしても通信速度が遅く傾向が否めません。また、通信制限が厳しいなど制約も一部あったりします。なので、これが一番ネックになるなーという風に感じています。実際に筆者も動画をかなり見るのですがたまになんだこの遅さ!!!となることもなくはないです。

 

格安スマホ会社も、各社で工夫してこの面はいろいろなことをしています。とはいえ、構造的にこれは避けられないデメリットであることは認識しておくべきです。なので、このデメリットというか後悔リスクへの対策は、できるだけ速い格安スマホを選ぶか、あなた自身が工夫するしかないです。通信速度では、UQモバイル が定評あるためおすすめです。

 

格安スマホ後悔するシーン⑧サポート体制は不十分

いよいよ後悔するシーン、のラストです。こちらは地味に後悔というかその後のストレスに直結するかもしれません。何かというとサポート体制の充実さです。例えば、3大キャリアを中心に格安スマホではない事業者であれば、ご存知の通り、全国各地にショップが設置されているため、手取り足取り何から何まで店員が教えてくれることが多いです。

 

一方で、格安スマホでは残念ながらそのビジネス特性上、高品質はサポート体制は期待できません。これも仕方のないことです。サポート体制を充実させれば、コストがつくので利用料を上げざるをえないでしょう。なので、格安スマホの場合は人件費や設備費を軽くするために基本的にサポート体制はネットが中心になります。

 

このネットでのサポートが厄介でして、問い合わせ時のリードタイムもかかれば、電話をかけてもかけても混んでいてつながらないということになります。これはなかなか面倒です。

 

補償に関しても、故障が起きた場合は別途でキャリアに修理してもらう必要があったりもします。この点も不便ですが、最近になって保証サービスを提供してくれる格安スマホも増えてきています。たとえばmineoでは、SIMカードと端末をセットで購入する場合であれば、端末の保証サービスを契約することも可能になっています。SIMカードのみの購入であっても、持参した端末の保証サービスが適用できますので、iPhoneも修理対応の対象機種とすることが可能です。これであれば少しは安心できますよね。

 

まとめ:実はそんなにクリティカルな後悔はないと思う

 どうでしょうか。ここまで読んで格安スマホへの恐怖心というか後悔するかもしれないリスクへの安心材料はできましたか。読んでわかる通り、そこまで気にするほどのデメリットはありません。人にもよりますが、通信速度くらいではないでしょうか。通信速度も正直なところ、格安とのトレードオフなのですからこれもしょうがないことと言えばしょうがないことです。

 

なのであなたの認識というか気の持ちようでいかようにも快適な格安スマホライフを届けられることを認識しておけば十分に満足度は高まると思います。しっかりとチェックして自分に合う格安スマホを選んでくださいね。