治験バイト、副業情報などを紹介します

治験バイト、副業情報などを紹介します

【リゾートバイト体験談】大学生の夏休みぴったりのメリットデメリット

【リゾートバイト体験談】大学生の夏休みぴったりのメリットデメリット

こんにちは、今回はリゾートバイト体験談をご紹介します。もうすぐ夏休みということで今からでも間に合うリゾートバイトという夏休みの過ごし方を体験談を通して提案したいとおもいます。大学生ならではの夏休みを大学生っぽく過ごす、これも思い出づくりの1つですよね~。

 

筆者もあのころのリゾートバイトの思い出を胸に抱いていまなお汗をかいて働いています。大学生の夏休みはもう戻らないですが、大学生の夏休みに行ったリゾートバイトでの思い出は記憶に残っていますからね。

 

結論、体験談として語るとリゾートバイトは話のネタにもなる一方でやはりきついことも事実です。しかし、一生に一度と思えばやってみる価値はあると思うのでぜひ前向きに参加してみるといいかと思います。

 

早速応募したい人は、こちらから→はたらくどっとこむ で登録してみてください。

 

f:id:captainpentagon:20180816183516j:plain

 

目次

 

大学生の夏休みにぴったりのリゾートバイトとは

まずはリゾートバイト体験談の内容ではなく、リゾートバイトを解説します。リゾートバイトは見ての通り、リゾート地でバイトをすることを指しています。参加者はほぼ大学生です。そうです、大学生と知り合えますよ~。この辺は後ろのところでも話しますが、リゾートバイトは、出会いの宝庫です。話が脱線したので元に戻します。

 

特徴としては、短期間でのバイトが可能、お金をたんまりもらえる、食事もつくから経済的、友達も恋人も?!できる、ついでに観光ができる、などいいことづくめです。なかなかこんなにいいバイトはありません。筆者が大学生などに特にお勧めする、バイトとしてはほかに治験バイトがあります。

 

【リゾートバイト体験談】1日の流れを解説

リゾートバイト体験談としてまず語りたいのが、気になるリゾートバイトの職種ですが、主に飲食店のスタッフ、売店の売り子、裏方業務、海の家、遊園地などのテーマパーク、スキー場などがあります。筆者は、茨城にある大きな公園のフェスに長期参加しましたが、その時の話もこのあとにかきますね。

 

リゾート地によって、募集されている職種もさまざまなので、どこのリゾート地にいきたいのか?どんな仕事をしたいのか?をよく考えるとよいと思います。筆者の場合は当時の自宅から近かったというだけの話ですが、もっとどこで働きたいかを考えるべきだったと後悔しています。これもリゾートバイト体験談ならではのエピソードですね。

 

一例として、ネットで調査したより一般的なリゾートバイトの一日の流れを書いておきますと、、。

仲居さんの朝方の場合:朝6時半起床、朝食の配膳を7時から10時まで。中抜けと休憩。夕方の18時から21時まで夕食の配膳。などなど。

 

ホテルなどのフロント勤務の場合:こちらは中抜けがなく朝昼夜の3交代制が多いようです。夜勤は通常のバイトと一緒で、バイト代が高めにもらえます。

 

リゾートバイトはどんなところで行われる?

リゾートバイトの一般的な開催場所はどういったところかご存知でしょうか?基本的には、温泉地、箱根とか熱海ですよね。あるいは離島や海、山などのアウトドア系、そしてスキーなどの高原系、最後に大きめの公園で行われることが多いです。

 

温泉地でのリゾートバイトは年中を通して採用活動が行われています。というのも、温泉地にはあまり季節性がないからなんですね。逆にスキーや海などは季節性があるので、それぞれのシーズンが採用活動の盛んな時です。

 

リゾートバイトにはリゾートバイトならではのプレゼントみたいなのがありまして、温泉地だと温泉に入り放題ですし、スキーであれば業務外にスキーし放題だったりします。この辺は担当者に詳細を聞きましょう。

 

 

リゾートバイト体験談:茨城のフェスのバイトに参加した体験談

 リゾートバイト体験談として、当時は茨城にある大きな公園で開催されていたフェスにリゾートバイトとして参加しました。ちょっとリゾートなんそれ?って感じですけども、海も近いですし有名歌手も大勢やてきてリゾートバイトというにふさわしいと思うので例としてあげました。

 

フェスのリゾートバイトは本当に体力勝負って感じで、夏場でしたのでかなりきつめではありました。しかも雑魚寝ということで精神的に疲弊したのは事実です。しかし、よいことももちろんあって友達と一緒に参加して思い出づくりにもなったことと、有名歌手の生歌をただで聞けました!だって、聞こえてくるんだもの!!誰かっていうと、YUKIとかAIKOとかサカナクションとかその辺ですね。ファンだけど金ない場合はありかもしれません。こんな体験談を聞いたらお金がない大学生はやってみたくはなりませんか?

 

気になる出会いに関しては、筆者が参加したものが悪いんですけど、ほぼ男子だらけでしかも体力のある男子と体力のない女子は業務が分断されていたので接触する機会が皆無でしたorz。残念すぎる。。。ということで教訓としては、出会いもリゾートバイトに期待するのなら、ちゃんと調査することが大事ですよ!恐らく、室内系の仕事が無難にリゾートバイトでの出会いを期待するならありなのではないかなと!

 

【リゾートバイト体験談】メリット

はい、話を戻して一般論とと体験談としてのリゾートバイトのメリットを書いていきますね。当たり前感のあるものからそうなのか!という目からうろこ系のものまでさまざま書いていきますね。

リゾートバイト体験談:お金をたんまりもらえる

リゾートバイトの最大の魅力は、お金をたんまりもらえるということです。授業を受けながら隙間時間でバイトをするのとは違い、集中的に働くことができるのでまとまったお金を貰うことができますね。これがまず1つめの魅力といえます。

 

また体験談としてせきららに語ると、副次的効果として、この期間は泊まり込みみたいなものなので家賃も水道光熱費もかかりません。食費も出ることが多いので、実質的な生活コストはないです。とはいえ、リゾート先で羽目を外した場合はこれに限らないですが、貯金ができること請負です。

 

リゾートバイト体験談:憧れのリゾート地を働きつつ観光できる

つづいて、魅力の2つめはあこがれの観光地を働きながら観光できます。先ほど書いたように宿泊費も無料ですし、交通費も出ることが多いので至れり尽くせりといったところです。旅行と違って長期宿泊みたいな感じになるので、現地の人との交流なども期待できますし、ゆっくりと観光が出来ます。

 

リゾートバイト体験談:友達、仲間、恋人候補?!と出会える

これも魅力の1つです。大学生の場合、下手したらこれ目当てで参加する大学生のほうが多いかもしれません。結論、参加するリゾートバイトの内容によります!!としかいいようがないです。が、傾向として長期になればなるほど、室内系であればあるほど、というような傾向があるようです。

 

理由としては、長期になればなるほど絆というか結束感も出ますし、打ち上げもできますし仲良くなる機会が多くなるためです。室内のほうがいい理由は、筆者が参加したように夏場の外でのリゾートバイトは実質的に男仕事ですから、異性とうまく接触できる機会は少ないです。ホテルでのフロントであれば、運が良ければ一緒に組めますし交代の時におしゃべりするくらい可能そうですよね。

 

リゾートバイト体験談:就活のエピソードに使える

筆者独自の視点としては、こちらがよさそうです。就活のエピソードはありきたりなネタが多いですから、こういう独自ネタは好まれると思います。また面接官の好きな傾向として、苦労した話とか理不尽な話とか我慢強さとか耐ストレス性とかを見れる話は好きです。またその経験から得られたことに対して知性を感じられるともう採用したくなります。これはけっこう真実です。さらにその経験を入社希望の会社の業務内容と絡めて語ることが出来れば、採用候補の中でもトップ層に入ることも可能なレベルです。

 

なので、リゾートバイトを始める動機を語る(これ自体が出会い目的でも笑いをとれるのでかまわない)、苦労したことを語る、どう乗り越えたかを語る、学んだことを語る、これが出来ればベストです。チーム戦での接客業なので、チームワークだとか接客における大事なことだったりを語れるといいんでないかと思います。

 

リゾートバイト体験談:一方でこんなデメリットも

こんないいことづくしのリゾートバイトですが、大変なことももちろんあります。

リゾートバイト体験談:リゾートエリアの場所によっては不便な生活を強いられる

まずリゾートバイトは、場所をしっかり調べないと不便すぎて泣けてくるレベルの僻地に行くこともありえます。近くにコンビニがないとしんどいですよね。なので、どんな場所にあるかはしっかりと事前チェックをしましょう。

リゾートバイト体験談:休日も気を抜けない

これも場所によりますが、リゾートエリアによってはスタッフの方とも一緒の寮か何かに入ってバイトを行うケースがあります。こういうケースだと、スタッフとの距離が近すぎて休日も心が安めなかったり、観光していてスタッフとかち合うこともありえます。気にならないのであればそこまで気になることでもありませんけども。

 

リゾートバイト開始するための流れ

次に実際にリゾートバイトを行うための流れを簡単に紹介します。筆者もこちらの流れでリゾートバイトに参加しました。

 

リゾートバイト系サイトに仮登録

まずリゾートバイト系のサイトに仮登録する必要があります。仮登録する前にサイト上で、どんなリゾートバイト案件があるかも調査できるので興味のあるものが募集されているかアルファリゾートはたらくどっとこむ で調べてみてもいいでしょう。

 

本登録(リゾートバイト担当者面接)

次に本登録ですが、こちらは面接が行われます。というにも、リゾートバイトはかなりお客様がセレブだったりゲストがセレブだったりするので信頼の置ける人物面でしっかりしている人しか採用されないためです。

 

とはいえ、非常識なことをしなければ別に不採用になるわけでもないので、普通にしていれば大丈夫です。またこの場で就業規則や質問などもできるため、事前に気になる点はまとめておきましょう。面接の基本ですが、この部分だけでも他の応募者に差別化できますよ。

 

採用連絡とリゾートバイト開始

そして無事に採用されると採用の連絡がきます。そして日程に合わせて移動して実際にリゾートバイトが開始されます。筆者の場合は、一度東京へ移動して大型バスに乗り込み他の参加者と一緒にバスで現地へ向かいました。

 

確か実施場所が近所でも現地集合は混乱を避けるためできないはずです。なので、だいたい東京で集合してみんなで仲良く現地へ向かうことになるはずです。ほぼ宿泊込みのバイトになるので、絶対に忘れ物をしないようにしましょう。

 

リゾートバイト終了

ここでリゾートバイトの終了になります。終了時にはお世話になった人に挨拶をして回りましょう。名札をつけますから、先方に記憶されるともっといい案件を紹介してもらえるかもしれません。

 

また、ここら辺がきになる人がもしいた場合は連絡先を聞き出すチャンスです。ここを逃すと一生出会いえないでしょう。思い出の思い切って聞き出してもいいと思いますよ。

 

リゾートバイト宿泊時の寮の種類

リゾートバイトにはほぼ宿泊が伴うものばかりです。宿泊は結構大事な人が多いと思うので、どんな種類があるか洗い出してみましょう。

 

一番多いのはおそらく相部屋 

リゾートバイトで一番多いのはおそらく相部屋です。というのも筆者の体験したバイトで相部屋でした。しかも人数が二桁くらい行きました。まあしょうがないんです、だってリゾート先って宿泊ホテルは客に泊まって欲しいのでバイトにいいホテルは使うことができないですから。

 

あったとして旅館の1室

おそらくラッキーパンチであったとして、旅館の1室でしょう。旅館であれば、通常でもスタッフが寝泊まりする部屋があるのでそこを紹介してもらえれば、雑魚寝も回避できるかもしれません。

 

まあ、担当者に教えてもらって個室希望は個室で宿泊できるリゾートバイトを紹介してもらいましょう。

 

失敗しないためにもリゾートバイトの始め方は調べることが大事

ということで失敗しないためにもリゾートバイトはまずは調べることが大事です。筆者は、アルファリゾートというところで調べましたがほかにもいろいろとサイトはありそうですね。はたらくどっとこむ というサイトも登録者数も多く案件数も多いですし、ハワイ旅行抽選キャンペーンなんかもやっていて楽しそうです。筆者も大学生に戻りたい。