治験バイト、副業情報などを紹介します

治験バイト、副業情報などを紹介します

フリーランス副業におすすめ!Workshipのメリットとデメリット

こんにちは、今回は筆者がかねてより興味を持っていた副業をテーマにして、副業のマッチングサイトに面談に行ってきたのでそのレポートをしたいと思います。筆者が副業に興味を抱いたのは何を隠そう、お金です!そう、ただお金を稼ぎたかっただけです!というのは半分本当で半分ウソで、長年同じ会社に勤めるとどうにもマンネリしたり、自分のスキルがどの程度マーケットに刺さるのかもわからなくなるし、他の会社で働くことで見えることはたくさんあると思います。例えば、自分の会社のいいところと悪いところと行ったように。

 

ということで、今回はそんな筆者が副業時代到来のこのタイミングで副業案件を多く扱うマッチングプラトフォームで面談に行ってきた内容とその後をレポートします。お金を稼ぎたい人、エンジニアやデザイナーやディレクターやプランナーや人事広報の人にとてもおすすめできる副業案件を数多く揃えている会社で、友人に話したところみんな食いついてきました。普段あまり話さない人までw。お金をみんな欲しいんですね。ということで初めて行きます。

 

f:id:captainpentagon:20180816182448j:plain

 

目次

 

副業案件で面談に行ってきたのはWorkship Agent

まず結論から言うと、今回副業でお金を稼ぐために面談に行ってきたのは週1から始められるWorkshipというマッチングサイトです。こちらの特徴は土日や本業の勤務後に始められることから本業と両立できそうだ、という理由と、比較的案件がエンジニアやディレクター案件が多く自分にフィットしそうなこと、そして時給単価も高いため副業で月に20万円を目指す筆者にとって魅力的に移ったことです。

 

そもそもIT・ネット人材は副業でお金を稼ぐ副業時代

そもそも今って副業でお金を稼ぐには絶好のタイミングである、副業時代なのです。下記のリンクにもある通り、政府がそして多くの大企業が副業を後押しもしくは認め始めている流れがあります。

 

www.nikkei.com

 

これなんでかわかりますか?企業側からすると、社員のモチベが上がる(お金を稼ぐことがより可能になるため)、本業への好影響、時代の流れが背景にあります。もちろん、デメリットもありますが、概ね認めないとむしろリスクである事の方が可能性は高いでしょう。社員からしたら魅力的じゃないからね。という事で話を戻します。

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐメリットとデメリット

さて、そんな副業ですがメリットとデメリットをまずざっと整理しましょう。

 

www.marunouchi.tech

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐメリット①一気に可処分所得増える

まずメリットですが、何と言っても可処分所得が抜群に増えます!どれくらい増えるか?今回面談に行ってきたWorkshipでは、例えば週10時間の稼働で月に10万円の案件が目安になりそうでした。という事は時給2500円になりますが、結構高いと感じませんか?

 

月に10万円って、毎月の手取り給料がだいたい大企業の中堅で30万円程度なので一気に1/3を副業で稼ぐ事が可能です。まあ実際に筆者は始めているのですが、本来であれば毎月10万円の給与アップを本業で目指そうとすると、かなり成果を求められますし、そもそもそんな簡単に上がらないですし時間もかかるし、プレッシャーも上がります。最近出世を望まない若手が増えている事もここに起因しますね。

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐメリット②基本本業より楽な業務が多い

また、基本的に本業より楽な業務が多いです。というのも、外注という事ですから、そこまで品質にレベルを求められないですし、本業と異なり成長観点もないので、難しい仕事はあまりこないです。また、難易度の高い価値のある業務は自社の人材に任せますからね。ということで、比較的楽な仕事でお金を稼げます。

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐメリット③他社で働く経験を得られる

これは小さいメリットですが、他社で働く事で人脈も得られますし、なんなら転職しませんか?と誘いがくる可能性もあります。ネタバレですが、筆者は誘いが半分ネタで来ました。また他社で働く事で自社の良さにも気づきますし、キャリアの泊にもなるかもしれませんね、実績が増えるので。自社でクビになっても何も怖くないですね。

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐデメリット①時間は取られる

これはしょうがないですがデメリットですね。自分の場合は、自社内で暇なときにw、社内でこっそりやっていますがおかげで、本業を効率的に行う視点が得られて生産性が上がったように感じます、と自分を納得させています。時間を確保できない方は、会社の近くに引っ越すなどして時間を捻出しましょう。

 

IT・ネット人材が副業でお金を稼ぐデメリット②住民税が上がってバレるかも

これはリスクに近いですが、副業分の所得が増えるので住民税が増えます。住民税は多くは会社から引かれていますからバレる可能性がでます。しかし!!!安心してください。副業分の住民税を自分で払う事も可能です。これならバレないですね。

 

kakuteisinkoku.jp

 

これはかなり重要なテクです。これでしっかりとリスクマネジメントしていきましょう。

 

ネット人材が副業始めてお金稼ぎ始めたら節税対策を!

また副業でお金を稼ぎ始めたら、節税対策もセットで行いましょう。今回面談に行った、Workshipでは毎月目安でも10万円は稼げるので年で120万円の所得が増えます。節税対策目安的には、確定申告の青色で確か60万円の税金控除になりますから、確実に超えます。そしてこの金額はかなりでかいです。確か30%程度税金で取られるので、60万円控除できると18万円も節税できます。青色での確定申告では、Freeeを使いましょう。でないとかなり面倒です。

 

ネット人材が副業で金稼ぐためのWorkshipでの面談

ここから面談の内容を簡単におしらせします。総論でいうと、これまでのキャリアのヒアリングと、フィットしそうな案件の紹介と次回の日程合わせみたいな感じです。キャリアもラフな会話みたいな感じでこれまでの実績や強みなどをヒアリングされる感じです。ディレクターとかだとロジカルシンキングができれば十分かと。

 

Workshipで扱っている案件は、エンジニア、ディレクター、プランナー、マーケター、人事広報、デザイナー、財務と幅広いです。ネット系の社員の方はぜひとも応募して面談してお金をがっぽり稼いで欲しいです。そして、モテモテしてください。あるいは貯金してください。あるいは趣味に使ってください。

 

ネット人材が副業でお金を稼ぐなら早速、この流れで面談を始めよう

こちらが副業でお金を稼ぎたい人におすすめのWorkshipのサイトのファーストビューです。

f:id:captainpentagon:20180803113524p:plain

 

そして、サイトが考えているターゲット像は次のような人たちです。やはり現職にマンネリしている、もっとお金稼ぎたい、スキル上げたいという積極的な人たちですね。

f:id:captainpentagon:20180803113653p:plain

 

そして、まず大きな流れとして、下記のような流れになります。

f:id:captainpentagon:20180803113833p:plain

また、こちらのサイトでは節税対策につながる会系ソフトの無償提供もしており、まさに至れり尽くせりです。

f:id:captainpentagon:20180803113914p:plain

最後に、お問い合わせフォームからもろもろを登録して面談するだけ!注意点は、面談開催場所は東京のみなので東京以外にお住まいの場合は足を運ぶ必要があります。

f:id:captainpentagon:20180803114020p:plain

 

 

副業面談のその後と感想とナレッジを共有

でですね、筆者は面談を通して無事に採用されまして、契約を結び働き始めて1ヶ月程度経ちました。その感想とテクを教えますね。感想としては、やはり比較的楽です!というかかなり楽です!本業と異なりアウトプットのレベルもきつくないですからね。筆者の場合は本業と同じようなディレクション業務を他社にアドバイスする形でやっています。もちろん遠隔なので交通時間も取られません。週一程度で報告する感じです。

 

【Workshipフリーランス】

 

またこれはテクですが、契約を結ぶ場合はできるだけ大きい企業がおすすめです。なぜなら小さいスタートアップは社員が少ないため管理が適当で、リスケも多いからです。これでは逆に振り回されるだけですね。しかし大企業はしっかりしていますから、そういったこともないですし資金余裕もあるので、無茶振りも少ないです。筆者は大企業を選択して大正解でした。

 

ということで簡単な副業面談に行ってきたレポートになります。しかし、本当におすすめです!会社の同僚に聞いてみると意外にみんなやっていますよ!筆者も、え、こんなにやってるの?みんな羨ましいな!すごいな!ずるい!というノリで始めましたからね。これ知っていたら1年目の頃からやってますね。なので、皆さんも今すぐに始めてみてください!

 

 

Workshipの副業面談のコツ

こちらのWorkshipの副業面談のコツが面談を通して分かりました。1つは、副業経験があるということをアピールする。なければいいですが、あればある分だけ安心できるためアピール材料にはなります。

 

2つめは、今現在副業をしていない、ということのアピールです。これは今現在副業をしては2個目の副業はなかなか紹介してもらえません。時間の融通がつかないから、案件紹介しづらいなと思われるためですね。

 

3つめは、当たり前ですがコミット時間が多めにできる人が好まれます。Workshipでは、比較的コミットの少ない案件から多い案件まで紹介されますがやはり多めのほうが好まれるし、高額な紹介案件数も多いのは事実のようですね。

 

Workshipの副業案件におすすめなネット人材職種

最後にWorkshipの副業案件で特におすすめな副業でお金を稼げるサラリーマンはどんな人?ということで職種別に考えてみます。基本的には、インターネットサービスとかIT系の会社に勤めるサラリーマンの方々(もちろんOLも)なんですが、メインはエンジニア(SE)、ディレクター・プランナー、マーケター(SEOとかリスティングとか)で他にも営業や人事広報などがあります。

 

ネット人材が副業で稼げるWorkshipでおすすめな職種①エンジニア

まずエンジニアですけども、The フリーランスの王道というか王様ですよね。エンジニアが一番案件も多くて単価も高いんじゃないでしょうか。これは結局のところ、エンジニアというし職業特性的に副業に向いていて、自宅でも出来るしコミュニケーションが発生しなくても大丈夫、スタートアップでの需要が高い、という特性があります。ゆえに副業での単価も高くなるという構造にあります。

 

エンジニアで副業をしていない人を探すほうが難しいのではないか?という勢いでけっこうな知り合いがエンジニアとして副業しています。そして、エンジニアの副業案件は本当においしいほど単価が高いのでぜひやりましょう。

 

ネット人材が副業で稼げるWorkshipでおすすめな職種①ディレクター・プランナー・マーケター

お次は、ディレクターやプランナーといわれる職種です。ディレクターやプランナーという職種は、プロダクトのあるべき姿を機能や仕様面で考えエンジニアやデザイナーを巻き込んで案件を推進していく立場になります。エンジニアやデザイナーと比較すると、CEOが兼務することが多い立場なのであまりスタートアップで需要は少なめな印象ですが、会社が大きくなるとCEOも本業が経営に移りかわるのと、ディレクターやプランナーの需要が高まるように感じます。

 

ディレクターやプランナーは基本的に、何をすべきかを考える仕事のため、非常に力量差がでやすいです。なので我こそは!という人はトライすると美味しい思いをする可能性は高いです。どういうことかというと、ディレクターやプランナーの副業における仕事は基本的に発注先もスキルのある人材がいないため外部発注しているわけなので、どう評価するべきかとか適切な仕事量を把握できません。

 

これはエンジニアがいない会社がエンジニアを外注するとぼったくられたり足元みられるのと近い構造です。ディレクターやプランナーの場合は、あなたの経験やスキルで発注先が求めるアウトプットを短時間で終えることも可能です。ちなみに筆者の場合は、時給2500円のところを肌感として時給5000円レベルで行えています。これは経験のあるディレクターやプランナーだからこそです。むしろ経験がない場合はもっと非効率になってしまうかもしれません。

 

マーケターやプランナーも比較的近しい構造になると思います。本業で行っていることを副業として他社にコンサルする。こんな感じです。下手したらアドバイスを本当にし伝達するだけでもお金貰えるんじゃないでしょうか。SEOやリスティングの知見は特にスタートアップだと必要不可欠になるので需要も高いと思います。特にSEOに自信がある人は副業にぜひトライしてみてほしいです。

 

プランナーの場合もディレクターと近しく業務内容になると思われます。プランナーの場合だとちょっと業務的にどうしても考える時間がもっと必要になるのかもしれません。マーケターやディレクターは比較的共通する考えを適用できますが、プランナーでゲームとかの場合は0から考える比率が高まるためです。とはいえ経験値が高ければもっと楽に働けるはずです。プランナーのかたもぜひ副業でお金を稼ぐことにトライしてみてくださいね。

 

www.marunouchi.tech

 

Workshipが求める人物像とは

そもそもWorkshipはハイレベル人材を副業で紹介することを売りにしている会社です。したがって、求める人物像もスキルもスタンス高くハイレベル人材ということになります。年齢でいうと、油の乗っている20代後半から30代前半でしょうか。

 

少なくとも論理的思考力と専門スキルを持っている人材ということになりそうです。こちらの案件はどれもそれなりにスキルがないとできなさそうな案件ばかりなので、成長の場としても活用できそうです。

 

Workshipの面談で質問された内容 

Workshipの面談で質問された内容としては、これまでのキャリアの説明、副業経験があるか、副業でやりたい内容はあるか、副業に求めること、時間はどれだけ確保できそうか、今現在の年収などでした。

 

大事なのは、稼働ができるかどうかと、フィットする案件があるかどうかです。前者でいうと、ある程度土日は確保できるといえば大丈夫だと思います。(実際やるかは別として)

 

後者は、できるだけ普遍的なスキルを説明した方がいいです。例えばサイトのディレクションみたいな抽象度の高い説明です。具体的に言いすぎると、逆にピンポイントな案件はあまりないので紹介してもらえない可能性も出てきてしまいます。

 

www.marunouchi.tech

 

 IT人材、ネット人材におすすめの副業で毎月10万円ゲット

本当に副業で稼いでいるの?と疑問を持った方々、こちらをご覧ください。筆者の恥ずかしい銀行口座ですが、現在2つの副業をやっていてそれぞれだいたい10万円の振り込みがあります。

 

f:id:captainpentagon:20181002104512j:plain

可処分所得

 

毎月これだけ副業でお金が入れば、本業を合わせて相当リッチな生活ができます。独身であれば、貯金も投資も遊びにもなんでもできます。まさに独身貴族になれます。タワーマンも余裕でしょう。

 

そこのあなたもよい生活をしたいのであれば、賢く時間を有効に使って会社の給料だけじゃ到達できない可処分所得を目指しませんか?ちなみに筆者は、副業で稼いだお金で民泊投資をして不労所得を増やしたいともくろんでいます。