治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

【副業】データ分析・アクセス解析(統計解析)におすすめな在宅2選で10万収入増

こんにちは、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析、アクセス解析といったワードに該当する方向けに在宅で毎月10万円は副業で稼げる案件を紹介します。筆者は現役でwebディレクターで今回紹介する副業で毎月10万円以上を稼いでいます。

 

 

目次

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)とは

まず今回紹介する職種に該当するような方はどういう方かを明確にしますと、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析というワードが該当するような方になります。

 

これは結構講義な範囲になりますが、例えばwebのアクセスログでアクセス解析やアクセス分析を通してサイト改善を提案できたり、統計解析によって何らかのモデリングを行い試作提案を出来る人というのが対象となります。

 

この手の職種はかなりスキルレベルに差があるので、単価もばらつきがありますが、ハイスキル人材であることは間違いがないので、かなりの高単価を期待できると思います。web界隈の職種の中でも相当の高単価になるでしょう。

 

データ分析・アクセス解析で求められるスキル①統計解析

この中でも例えば統計解析ですが、ロジスティック解析や時系列解析、重回帰分析など目的とフィットした統計モデリングを使って課題解決と提案が出来るとかなり企業から重宝されると思います。

 

この手の人材はかなり少ないというかレベルに差があるため、我こそはという方はぜひ登録面談して高単価で稼ぎまくって欲しいです。フリーランス在宅副業で毎月10万円は確実です。もっと稼げる可能性がむしろ高いです。

 

www.youtube.com

 

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)におすすめな副業2選

では、早速、データ分析、データアナリスト、データサイエンティスト、統計解析にスキルを持つ方におすすめな副業を2つ紹介します。1つは、ハイレベル人材向けのWorkshipという副業紹介会社で、もう1つはプロの副業ホールハートで有名なもともとはヘッドハンティングを行っている副業紹介会社です。

 

データ分析・統計解析・アクセス解析でおすすめ副業①ハイレベル人材向きWorkship

まずハイレベル自在向けのWorkship についてです。こちらは年齢層的には主に30歳以降がボリュームゾーンのスキルレベルが高い方向けの案件が多いです。その分だけ、高単価案件が多いという特徴もあります。

 

HPに乗っている案件は一例なので、あなたのキャリアやスキルに応じてベストフィットな案件を紹介してくれることでしょう。データ解析系だと時給相場はゆうに3000円は超えると思います。

 

www.marunouchi.tech

 

 

データ分析・統計解析・アクセス解析でおすすめ副業②安定のプロの副業ホールハート

次に、プロの副業で有名なホールハート です。こちらは多種多様な案件を豊富に持っていることで有名です。また、もともとはヘッドハンティングの会社ですから転職の相談も可能です。

 

働き方的にも選択肢が多く、副業として週1からの稼働の案件もあればフルコミットでフリーランスの働き方まであります。面談を通して希望などをヒアリングされるので、ベストな案件を見つけてくれると思います。

 

www.marunouchi.tech

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)に副業で求められるスキル

基本的にデータ分析やアナリストに副業で求められるスキルは、分析を通して課題解決の方向性や具体的な施策を提示するというところになってきます。クライアントによって抱えている課題は様々ですし、ロジカルシンキングを通して分析により課題を特定するという副業にしてはレベルが高いため時給も高くなってきます。

 

また副業で依頼するくらいなので、クライアントの多くは自社でデータ分析や統計解析の知見がない場合もあります。そのため、わかりやすく説明するスキルもあればなおさらいいでしょう。

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)で必要なスキル①ロジカルシンキング

データ分析や統計解析での副業で必要なスキルの1つ目は、ロジカルシンキングです。まず、ロジカルシンキングが必要な理由としては大きく2個あります。1つは、ロジカルシンキングができれば分析センスも成長できるというところです。

 

分析と言ってもその切り口を考えるには、仮説が必要ですし仮説をセンスよく導くためにはロジカルシンキングが不可欠です。それが1つ目の理由です。

 

2つ目の理由としては、ロジカルシンキングがないと副業でのクライアントに伝えるべき伝えたいことを正しく伝えられないですし、クライアントの要件やニーズもうまく引き出せません。副業では特に、クライアントの要望やニーズをくみ取りつつ、クライアントの必ずしもデータ分析や統計解析に知識がない中で伝えることができません。

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)で必要なスキル②分析・統計解析スキル

2つ目は言わずもがな、データ分析や統計解析で必要なモデリングのスキルです。これ自体は専門性を伴う内容なので、あなたがデータ分析や統計解析、アクセス解析を専門としているのであれば、説明は不要でしょう。

 

クライアントはあなたのこの専門性にお金を払うわけなので、それ相応の専門性を要求するでしょう。しかし安心してください。多くのクライアントは人手が足りないという理由よりは、スキルを持つ人材をなんらかの理由で自社で抱えられないのが理由なので、たいていの場合はあなたの方がこの分野においてはトップでしょう。

 

www.youtube.com

 

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)が副業で貰える収入の目安

データ分析やアナリスト、統計解析を行うことで副業でもらえる収入の目安ですが、エンジニアよりも高い相場になるため時給でいうと4000円は行くと思います。なので、週10時間の稼働でも15万円程度になるでしょう。

 

もうスキルレベルでかなり差が出ると思いますので、これは実際に面談を通して質問する方が早いと思います。時給も希望を聞かれますから、臆せず自分のスキルに見合った時給を希望しましょう。

 

www.marunouchi.tech

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)にはどんな案件があるか?

データ分析やアナリストでどんな案件があるかですが、基本的には簡単な分析や高度な統計モデリングを用いた案件が多いです。例えば以下のようなものがあります。

 

f:id:captainpentagon:20181011000103p:plain

 

データ分析・アナリスト(サイエンティスト)はなぜ単価が高い?

なぜデータ分析系の職種で時給が高いかですが、端的に言って需要と供給のバランスです。なかなか分析や統計モデリングでスキルのある人材が副業で出回ることがないため、案件募集の際は時給設定が高めになります。 

 

データ分析の副業で求められる稼働目安は週1から週3

また、稼働の目安ですが基本的に副業であれば週1から週3が目安です。働き方もフルリモートや在宅ですむ場合から、フルコミットまで様々です。もちろんフルコミットの方が単価は高くなります。

 

フルリモートでも、電話会議などは発生するとは思いますがだいぶ働きやすい環境にはなると思います。

 

www.marunouchi.tech

 

データ分析・アナリスト(アクセス解析)が副業するメリットとデメリット

データ分析やアナリストが副業するメリットですが、お金を得られること以外にもいろいろなデータを使って分析できるという純粋に仕事の楽しさというものがあると思います。デメリットでいうと時間が取られるくらいです。頑張ってください。

 

データ分析・統計解析・アクセス解析で副業するメリット

メリットですが、やはり自社の本業以外のいろいろなデータを使って分析が出来るため、データ解析屋にとっては面白いというのが1つあります。また、高単価時給で働けるためとても金額面でいい副業が出来ます。

 

スキルと経験がかなり貴重になる職種ですので、いろいろなデータに触れながら分析するほうが仮説や打ち手の幅が広がり本業にも相乗効果が出るのではと思うのところもメリットになるかと思います。

 

データ分析・統計解析・アクセス解析で副業するデメリット

デメリットですが、労働所得による副業ですから時間がとられることは必至です。とはいえ、これほどまでハイスキルで高単価の案件はないですから、案件があればぜひ取り組むと毎月の収入がかなり増えると思います。

 

www.marunouchi.tech

 

データ分析・統計解析・アクセス解析は副業に向いている

データ分析や統計解析、アクセス解析といった専門性を持つ人材は副業にとても向いています。理由は大きく、①専門性が高い、②ショットでの案件が多い、③自宅でできるの3つです。それぞれ見ていきましょう。

 

データ分析が副業に向いている理由①専門性が高い

まず釈迦に説法感がありますが、データ分析系のスキルはとても専門性が高いです。この手のスキルは、経営者でもあまり持っている人は少ないですし、本当に専門職と言えると思います。

 

ですので、多くのweb系の企業では分析課題が多くあるのに対し、あまり自社内で分析系のスキルを持つ人材が多くないのが実情です。労働市場においても少ないですし、給与がとても高いためですね。

 

なので、多くのweb系の企業は副業として外注することになるのですが、この時にあなたの専門性が役立つわけです。

 

データ分析が副業に向いている理由②個人で完結しやすい

2つ目に、個人で完結しやすいというのが副業に向いている理由です。もはや、副業を行うにあたっての必須条件とも言えるかもしれません。というのも、もし副業でチームでの協業が必要ということになると、会議だけで時間を使ってしまいます。

 

しかし、データ分析系の場合だと、データと仮説と検証計画あるいは分析手法があればそれだけで事足ります。つまり、あなた自身だけで副業が完結するということです。そうなれば、副業としては分析にコミットすればいいのでとても効率的に作業が進められます。

 

データ分析が副業に向いている理由③自宅でできる

最後に、データ分析系の副業は自宅でできます。副業までもクライアント先に毎回出向くとなれば相当の労力がかかります。筆者自身も月に1度だけクライアント先に出向いていますが、それでもかなり大変です。

 

それくらい自宅で自分のペースでできるというのは、本業で疲れている時に副業を継続することを考えれば必須事項と言えるでしょう。

 

www.youtube.com

 

 

データ分析・統計解析・アクセス解析の副業おすすめまとめ

最後にまとめですが、やはりデータ分析の副業は高単価で羨ましい限りです。いろいろなデータを分析して提案が出来ればかなり重宝されるでしょう。ぜひ頑張って副業で収入を倍増させてみてください!