治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

【実録】給料上がらない!辞める前に考えるべきことを考えてみた

こんばんは、給料が上がらないと悩んでいる日本の若い方や結婚を控えている方、そしてお子さんが生まれることがわかっている方などに読んでもらえると嬉しいです。筆者もここ数年給料が上がらないことで悩んでいましたが、その打開策となるものを見つけて(副業ですが)、辞めずに止まる判断をしています。みなさんの参考になると嬉しいです。

 

目次

 

給料が上がらないという問題

まず給料が上がらないという問題について考えてみると、これは多くのほぼどの企業でも起こりうる大きな問題だということが当たり前の事実としてわかります。スタートアップのような資金力に難がある企業はもちろんのこと、大企業でも今後人口が縮小する日本というマーケットにおいてバンバンと社員に給与を上げ続ける判断は難しいものです。

 

しかし、サラリーマンとして人生働き続ける以上は、給料が上がらないことは人生においては死活問題です。所得が増えなければ家族を養うことも難しいですし、頑張り続けたところで人生が豊かになるわけではないためです。

 

筆者もここ数年でそんな悩みを抱えていましたが、幾つか辞める前に考えるべきことを考え、実践したことで少しだけ状況が変わり始めて給料が上がらないという問題についての悩みは減ってきています。

 

なぜ給料は上がらない時代なのか?

そもそもなぜ給料が上がらない時代なのか?というところですが、筆者が勤めているインターネット系の業界にかかわらず多くの業界の企業で給料は上がらないです。特にこれから就職する大学生や就活生には、耳をかっぽじって理解して欲しいですがサラリーマンである以上は給料はほぼ上がりません!!!

 

どれくらい上がらないか?友人の会社では毎年(月収が)5000円しか上がらないですし、これはどれだけ頑張ってもどれだけ成果を出しても毎年5000円です。10年働いてやっと5万円です。5万円なんて少し贅沢すればあっという間に消える金額レベルです。

 

筆者の所属する企業でも、1年か2年に一度の頻度で月の給料が約3万円上がるレベルです。これはかなりいい方ではありますが、それでも成果主義なので成果を出す前提ですし、なかなか上がらない時期というのもあります。結局は、企業が人件費を上げづらいからですが、サラリーマンである以上は会社に搾取される立場といえば立場なので仕方がありません。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

給料が上がらないと困る時

で、給料が上がらないことで困る時っていうのは、確実にあります。筆者の場合は珍しくどれにも該当せず、ただ単純に給料が最近あがんねーなー!と思っていたからですが、基本的に給料が上がらないことで悩むタイミングは、結婚する時、あるいはモテたい時、子供ができる時、起業したい時の3つでしょう。

 

結婚(モテたい)

これはわかりやすい例ですが、結婚する場合は例に漏れず、お金が必要です。結婚式もそうですし、引っ越し代や指輪もプレゼントするとなればお金の大事さに気づきますよね。

 

筆者の友人も前からお金にはシビアでしたが、結婚したことでよりシビアになりました。結婚すること自体は2人で共同生活をするので、より節約効果は出るのですが、それでも実質的にかかるお金は増えてしまいます。

 

子供ができる

もっとも多いのが、子供ができる時でしょうか?筆者の職場にも、子供が増える時に毎回上司に給与アップの交渉をしていたという強者がいました。上司的にも理解ができますし、上がらなければ現実問題としていやでも転職なりをして給料を上げざるをえないため、こちらも必死ですよね。

 

だいたい子供1人を1人前にするのに、2千万円必要と言われていますから、節約したとしても給料が上がらないとかなり困るのは事実です。できれば、子供1人できたら毎月の給料が3万円ないし5万円増えて欲しいところです。

 

起業したい

こちらも地味にケースとしてはあるんじゃないでしょうか?将来的に独立したいけど、自己資本がないと銀行から融資も受けられないので、給料を貯金したいというケースです。最適でも自己資本として100万円は必要ですから、毎月貯金を10万できれば1年で準備できますが、そんなに貯金に回せるほど給料が高い企業は少ないです。

 

毎月5万円を貯金できれば、まあ2年間で準備できますが、2年ってかなり長いですからね。しかも毎月5万円を貯金するのも一苦労です。それならてっとり早く転職なりしたいというのが人間というものです。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

給料が上がらないことで起きる問題

で、給料が上がらないことで起きる問題として、幾つかありますが現実的なものとして、やる気がでなくなるのと、スキルが伸びなるなること、転職したくなる、時間を無駄にする、この4つでしょうか?それぞれ給料が上がらないことで起きる問題を見ていきましょう。これはまさに数ヶ月前の筆者に起きていたことです。

 

やる気がでない

まず、給料が上がらないことで起きる問題の1つ目は、やる気が出なくなる!ですw。これはもはや仕方がありません。1年目は、仕事が楽しくて仕方がなかったですが、数年も経つと仕事での楽しみだけでは満足できなくなります。

 

あなたが1年目だったり若手であればいづれ気づきます。サラリーマンとして働いてどれだけ頑張っても、人生はあまり変わらないとね。そうなるといろいろなデメリットにつながってしまいます。

 

スキルが伸びない

どんなデメリットにつながるかですが、まずやる気がでなくなると仕事に精を出さなくなってしまいますからスキルが伸びづらくなります。もっと構造的に言うと、成果を出しやすい案件をもらえなくなったり、仕事を任せられなくなったりするためスキルが伸びづらくなります。

 

スキルが伸びづらくなると、市場価値が止まってしまいます。すなわち転職市場での価値が上がらなくなってしまいます。サラリーマンで生きる以上は、本質的には給与を上げる手段は、市場価値を上げることだけです。市場価値さえ上がれば、給与は転職という手段を使おうが社内での出世だろうがおのずと給与が上がります。

 

しかしスキルが伸びないと年齢だけ増えるので市場価値は相対的に下がります。社会というのは厳しく、同じスキルで若い人がいれば若い人を取るのが企業にとっての経営合理性です。育成余地がまだまだあることになりますからね。

 

f:id:captainpentagon:20181022230740j:plain

 

転職したくなる

次に、転職したくなります。分かりやすい打開策として、給与をあげたいならば転職したくなるのが人間です。しかし社会はこれまた厳しく、理由なくつまりスキルが高くない人に好条件で転職のオファーはでないのです。

 

筆者も戦略コンサルなどを中心に転職活動を1度だけしましたが、まあ戦略コンサルで内定取れていれば今頃もっと給料は上がっていたでしょう。その分だけハードワークだったでしょうけども。まあ落ちたので仕方ないです。

 

もっと厄介なのは、市場価値が下がっていることに気づかないうちに数年経つと、転職できなくなります!転職は都市伝説的に言われている限界年齢が実際にありまして、具体的に言うと、30歳ならその道での即戦力採用が前提ですし、35歳だと管理職候補でしか採用されないです。あなたはそれだけのスキルがありますか?

 

時間を無駄にする

で結局悩んで行動しないうちに、給料は上がらず時間だけを無駄にします。これだけは最悪なケースですね。年齢だけ増えてスキルが増えないと、もうサラリーマンとして給料を上げるのは困難を極めます。

 

できるだけ早くかな何かしらの行動を起こすことをおすすめします。酒を飲みながら愚痴を言っていても仕方がありません。何かしら行動を起こすことで、給料が上がらない事なんて簡単に解決できます。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

辞める前に考えるべきこと

まず、給料が上がらない事で辞める、つまり転職する前に考えるべき事、そして行動すべき事を紹介します。これらは、実際に筆者も行動を行い幾つか成功事例があります。まあ、行動を起こせば短期的には所得を増やす事は難しくありませんでした。

 

給与アップの交渉をする

まず、給料アップの交渉をしましょう。これがまずクイックに簡単にできる事です。簡単にできますが、実際に給料が上がるかはあなた次第です。それなりに仕事で成果を出していて、上司に信頼されていなければできないです。

 

もしあなたが上司がうざいなーと思っていても、あなたを評価するのは会社員である限りは上司です。別に媚を売る必要もないですが、それなりに上司に信頼されている必要はあります。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

転職すべきなのか考える

次に、あなたが転職を考えていれば本当に転職が必要なのかを考えるべきです。転職はそれなりにリスクも伴いますし、失うものも大きいです。転職すれば成功するわけではありませんし、そもそも転職自体がそう簡単にできません。

 

基本的に給料を上げ続けようと考えている場合は、転職はおすすめにはなりません。というのも、転職すれば基本的にはよくて維持、あるいはちょい低めでオファーして紫衣かが出れば元の給料水準になるケースが多いです。

 

戦略コンサルや前職の給料が低い場合のみ、転職で給料が上がると言ってもいいでしょう。それ以外だと、基本的に下がります。それくらいなら、今の職場で頑張って成果を出すの方が給料を上げるという意味では簡単な可能性が高いです。

 

副業を行い収入アップ

筆者がおすすめするのは、副業を行う事で本業での給料アップを狙いつつ、所得を増やすという方法です。これはリスクも少ない割に、今までのキャリアやスキルを活用しつつ給料を増やす事に近い事ができます。

 

副業といっても職種ごとにいろいろな方法があります。筆者は、WEB系の会社員ですから、WEB系の副業を行っています。プロの副業ホールハートという会社とWorkshipという副業紹介のマッチング会社に面談を通じて今までのキャリアやスキルをヒアリングされ、副業で毎月10万円以上を稼ぎだす事ができました。

 

副業であれば、転職に失敗するリスクもない(そもそも転職ではない)ですし、本業で培ったスキルを行かせるため、今まで取り組んできた仕事に意味を見出せます。そうなると、やる気が出ています!!!

 

本業での仕事をもっと頑張れば、もっと副業での時給単価が上がる可能性だってあるわけです。これが筆者が提唱する副業で給料を上げつつやる気もあげて本業へのシナジー効果を出す戦略です。今のところうまくいっています。そこで筆者がおすすめする副業のメリットやデメリットなど幾つかまとめている記事を紹介します。ぜひ皆さんも給料が上がらないからって簡単に転職するのはやめましょう。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

それでも転職したい方へ

最後に、それでも転職したいという方は多くいるでしょうから、どんな場合に転職すべきかも合わせて発信したいと思います。基本的に、転職では、好条件でオファーされるか、転職先でどうしてもやりたい仕事がある場合のみ転職をおすすめします。

 

というのも、転職先で頑張り続ける必要があるわけですが、内的動機としてやりたい事があるのなら頑張れます。あるいは、外的動機として給与が大幅に上がるなどであればいいでしょう。

 

そうでない限りは転職はおすすめできません。友人もコンサルに転職しましたが、バリューを出すにはどうすればいいんや!と悩んでおりました。それも成長だと思えるのであれば、ぜひ転職してみてください。

 

 

www.marunouchi.tech