治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

給料を上げたいITエンジニア向けおすすめ本2018【初心者~中級者向け】

今回は初心者~中級者の給料を上げたいITエンジニア向けのおすすめ本2018年版を紹介します。筆者は現役webディレクターですが、プログラミングももともとやっておりスキル的には初心者から中級者レベルです。その後webディレクターとなり、今ではスキルを活かして副業(UXのコンサル業)でさらに稼いでいます。エンジニアであれば、需要がとても高いため同じようにスキルを身につければ稼げます。そのために必要なスキルセットとおすすめの本、そしておまけに副業案件を紹介していきます。

 

f:id:captainpentagon:20181022231530j:plain

 

目次

 

ITエンジニアとは

ITエンジニアとは、いわゆるSEとかプログラマーに分類されるIT系で代表的な職種です。日本では低賃金な場合がありますが、副業も合わせれば稼げる職種です。というのも、ITエンジニアは需要がとても高く転職も副業もしやすいためです。では、そんなITエンジニアの具体的な職種をみていきましょう。

 

フロントエンドエンジニア

まずはフロントエンドエンジニア、通称FEです。FEは主に、html css Javascriptを用いてフロント画面のデザインなどを実装する仕事です。給料的には、バックエンドエンジニアの方が高めですが、フロントエンドエンジニアはどの企業もweb業界であれば需要があるため手に職と言える職業です。

 

SE・バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアよりも給料相場が高いです。理由としては、求められるスキルがフロントエンドエンジニアよりも高いことに起因します。そのため、副業でも時給相場が高めなのが特徴です。

 

バックエンドエンジニア、SEとも呼ばれますが フロントエンドエンジニアと共通してweb業界であれば、需要が高いため稼ぎやすい職業と言えます。フリーランスで働く方も多いです。

 

www.youtube.com

 

給料を上げたいITエンジニアの初心者から中級者おすすめの本とスキルセット

では、早速給料をあげたいITエンジニアの特に初心者から中級者におすすめな本とスキルセットをご紹介します。初心者でも需要がすごく高いので、副業などで稼ぎ出すことができれば一気に給与や所得が上がるでしょう。

 

フロントエンドエンジニア

まずフロントエンドエンジニアですが、基本的にはhtml css jsが中心になります。web業界のプログラミングに関する進化の速度はとても早く、これ以外にもあればbetterな言語はありますが、最低限としてこれらができれば十分でしょう。

 

html css

まずは、htmlとcssです。基本的には初心者や中級者レベルであれば、1冊でどちらも読める本が理想的です。あまり難しい本だと、挫折する場合があるためできるだけライトな情報量で全体像を読める本がいいでしょう。

 

その点では、htmlとcssとwebデザインが1冊でわかる、こちらの本がおすすめです。初心者でも中級者でもどちらもカバーできます。

 

 

ぺージの形式としての基本とデザインと言った親切な内容でHTMLとCSSで記述されています。
良く見るウェブページとしてシンプルでデザイン性もあるものを作りたい場合に、基本的な設計が記述されています。
HTMLとCSSの分かりやすい仕様も書かれて、デザイン性の優れたぺージを作成できます。
JS(JQuery)

次はJSですね。こちらは、FEとしてスキルをあげようとするのであれば、このJSに習熟する必要があります。というのも、htmlとcssだとそこまで差が出ないためです。しかし、JSでは結構プログラミングとしてのスキルやセンスが問われるため差が出てきますのでしっかりと学習しましょう。

 

こちらのjavascript本格入門は初心者でも中級者でもどちらも対応できるレベルの本です。基礎をしっかりと抑えることが給料をあげる基本です。

 

 

 

紙媒体の旧版をもっていますが、もう一度勉強し直そうとKindle版を購入。iPadだと重さが紙媒体とほぼ同じになるので通勤時にはiPhoneを使っていますが、非常に読みやすいです。紙媒体かKindle版か悩みましたが、Kindle版で正解でした。
非同期処理・Ajax

また副業などでFEとして給与をあげたい場合は、非同期処理やAjaxのスキルを磨いた方が無難です。この辺までできてくると仕事には困らなくなるでしょう。

 

 

 

とてもわかり易い参考書にでした。
いままで、わからないまま、なんとなくスクリプトを入れていましたが、こちらを参考にすることで、だいぶ理解できるようになったと思っています。

 

SE・バックエンドエンジニア

続いて、SEことバックエンドエンジニアです。SEでは、メインとなる言語を何にするかで学ぶべき本が大きく変わります。

 

Java

大企業などで需要が大きい言語はjavaですね。金融機関や大手ベンダーではjavaが一番多いと思います。また、androidのアプリもjavaで作ることができるため一石二鳥です。javaは他の言語にも応用できる部分が大きいため、最初に学ぶ言語としては一番いいかなと思います。

 

 

 

この本は1、2年目の人におすすめです。
必要な事項がコンパクトにまとまっていて良い。

Ruby

次はRubyです。rubyは比較的にスタートアップ系の企業で多く導入されているように思います。初心者でも学びやすいですし、簡単に実装が可能です。有名なところでは、Wantedlyの社長が初心者でrubyを勉強し出したというのがありますね。

 

 

 

基本的なところから、テスト、オブジェクトまでわかりやすく、説明されている。
素人でも、順をおっていけば、プロレベルの理解まで進めるのがいいところ。
プログラム初心者が、中級者、上級者になりたいときに読む本。
プログラムの仕組みは、どの言語でも、同じ仕組みが用意されているので、この本は言語問わず、おすすめします。

SQL・DB

また、SEであれば避けて通れないのが、SQLやDBに関する知識です。SQLがわからないと、実質的にサービスを実装することができず、副業などでSEとして稼ぐことはできないでしょう。

 

 

 

ITエンジニア共通

SEでもFEでも共通して学ぶべきなのは、いかに綺麗に美しい実装を行うかです。実装としてはできていても、綺麗でないと保守性に問題が出るため実際の面接などでは綺麗な実装ができるかが問われます。その点では、この本はおすすめです。

 

ITエンジニアなら学びたいリーダブルコード

とても有名な本で、SEとして知らない人はいないとさえ思う本です。この本はどのように美しく実装するかが焦点になっています。ITエンジニアとして欠かせない本です。

 

 

以前知り合いに借りて読んだことがあるのですが、改めて読み直す機会があり購入しました。
エンジニアは一人一冊持っていて、間違えはないと思います。
ただ、英語でもOKという方はpdfが無料であるみたいなのでそちらのほうがいいかもしれません。

 

給料を上げたい初心者から中級者のITエンジニアにおすすめの転職と副業案件

ここまで読めばITエンジニアとしてどんなスキルを身につけて、どんな本を読むことで給料をあげていくべきかがわかったと思います。実際には、給料をあげる方法として、スキルをつけて出世して給料をあげるだけでなく、副業や転職といった方法もあります。それぞれにメリットとデメリットもありますが有効な方法であることはまちがいないですね。

 

www.youtube.com

 

転職

 言わずもがな、スキルがあれば転職はすぐに可能です。ITエンジニアであれば転職先は比較的探しやすいでしょう。元ITエンジニアが手厚くサポートしてくれるフリーランス向けのテックブレインというエージェントもおすすめです。こちらは元ITエンジニアが面談などしてくれますし、勤務先も探してくれるためとても手間が省けます。

 

副業

また、 ITエンジニアであれば副業という方法がもっとも効率的に稼げます。理由は今現在とてもITエンジニアは人手不足だからです。筆者の会社でもいくら募集しても面談はなかなかできませんし、面談しても断られる場合も多いです。

 

筆者もWEBディレクターとして副業をしていますが、ITエンジニアとして副業する方が時給も高いですしとてもおすすめですね。 

www.marunouchi.tech

 

筆者の副業体験談です。 

www.marunouchi.tech

 

 

 こちらも副業体験談ですね。

www.marunouchi.tech

 

 

給料を上げたいITエンジニアのためのおすすめ本まとめ

 では、給料をあげたいITエンジニアのまとめをします。必要なスキルを身につけさえすれば稼ぎやすいのが最大のメリットだと思います。あなたの好きな職業でガンガン稼ぎましょう。筆者も副業でまだまだ稼いでいきますよ。