治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

webデザイナーの給料は低い?副業でもっと稼ぐ方法あり!

こんにちは、今回はwebデザイナーの給料は安いのか?なぜ安いのか?もっと稼ぐ方法はないのか?!をお届けします。筆者も現役のwebディレクターとしてwebデザイナーの採用面談などを行っていますが、仲介会社に搾取されている感は否めません。しかし、webデザイナーのスキルは副業でもっと収入を増やしやすい職業であるのも事実です。そういったwebデザイナーの強みを活かしてもっと副業で稼げる方法を紹介します。

 

f:id:captainpentagon:20181030161137j:plain

 

目次

 

webデザイナーの給料は安い?

まずwebデザイナーの給料は安いのか?というところから見ていきましょう。現実問題としてweb業界の中ではwebデザイナーの給料は低めの設定になっていることが多いです。業界標準的には、web業界の職種では、webエンジニア(サーバーサイド)、webディレクター、プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャが給料が高めの職種です。

 

次に、webデザイナー、フロントエンドエンジニア、QAというような構造です。webデザイナーは正社員での採用をしているweb企業も少なく、標準的には手取りで20万円前半から中盤といったところでしょうか?

 

他の職種では、もう少し多めで+5万円からが多いかと思います。また、wenディレクターなどはプロダクトマネージャーなど職種のキャリアアップもあるため出世も行いやすい職種です。その分、webデザイナーはwebディレクターへのキャリアチェンジがあるかないかくらいでなかなか出世という概念もないのが特徴です。

 

なぜwebデザイナーの給料は低いのか?

では、なぜwebデザイナーの給料は低いのでしょうか?理由はいくつかありますが、1つはコストセンター的な役割というところと、いろんな職種を束ねる立場ではないのでショットの案件をこなすだけとなり正社員での採用である必要性が低い、というところにあります。

 

大手のデザイン事務所では、これに限らずwebデザイナーのチームをまとめるリーダーやマネージャというキャリアアップもあり、昇進や給料アップのチャンスはいくらでもあります。

 

しかし、webデザイナーの多くは業務委託やフリーランスでの業務が多いかと思います。そのため、昇進やキャリアアップのチャンスがあるwebデザイナーはそもそも限定的な限られた人の特権でもあります。

 

では、多くのwebデザイナーは安い低い給料で我慢しながら働かなければならないのでしょうか?実はそんなことはなく、webデザイナーのスキルは非常に副業で副収入を稼ぐことと親和性が高いためかなりの収入アップを副業で見込めるのです。

 

 

webデザイナーの給料はあげられないのか?

先ほどの続きで、webデザイナーの給料はあげられないのか?ですが、あげられます。しかも簡単に!具体的な方法としては、後述しますが、クラウドワークスでのショットでの案件や完全に副業としての契約を行い、週1くらいの在宅業務で毎月5万円や10万円での案件を行うことです。

 

 

www.youtube.com

webデザイナーが副業で収入を増やしてもっと稼ぐ方法

では、早速webデザイナーが副業で収入をもっと増やす方法を紹介していきます。大きく2つ方法があり、1つは簡単にクイックに出来る方法でクラウドワークスでの案件受託です。2つ目の方法は、完全に副業案件として長期契約し週1での契約などで毎月5~10万円の副収入を得る方法です。

 

webデザイナーが副業で収入を増やす方法①クラウドワークス

1つ目ですが、クラウドワークスでLP制作やバナー制作などを中心に発注がクラウドワークス上で出回っている案件をこなしていく方法です。これは非常に初心者向けで、気軽に取り組みやすいです。

 

筆者もライティングの案件をこなしていたことがありますが、概ね毎月3万円程度はクラウドワークスで稼げることが可能です。クラウドワークスには、多くのwebデザイナー向けの案件があるため非常におすすめです。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

webデザイナーが副業で収入を増やす方法②副業案件

 2つ目は、クラウドワークスよりも手軽ではありませんが、もっと副業として本格的に副収入を稼ぐ方法です。副業解禁もされて、副業時代といわれている中で、webデザイナーは副業のもっとも親和性の高い職種です。

 

副業の中でもエージェントはいくつかいまして、その中でも2つ筆者のおすすめがあります。どちらも案件数も豊富ですし時給相場も高めで2500円が相場のため非常においしいです。

 

副業おすすめ①workship

1つはWorkship というエージェントです。workshipは比較的経験年数の長いスキルのあるwebデザイナー向けの副業エージェントです。筆者もこちらで毎月10万円程度稼いでいます。こちらに面談や副業の様子をレポートしています。

 

 

www.marunouchi.tech

 

副業おすすめ②プロの副業ホールハート

2つ目のwebデザイナーにおすすめの副業エージェントは、プロの副業ホールハート です。こちらは、workshipよりは経験年数が浅めでも大丈夫なエージェントです。とはいえ、ミニマム1年半はほしいところが多いかとは思います。こちらも面談の様子などをレポートしています。

 

 

www.marunouchi.tech

 

webデザイナーが副業と親和性が高い理由

 筆者的には、あなたがwebデザイナーとして働いていて、給料が低いなーと悩んでいるならぜひ副業に取り組んでもらいたいと思います。ここでは、なぜ給料が低いと悩むwebデザイナーが副業に取り組むべきなのか?なぜ親和性が高いのかをお伝えします。

webデザイナーは副業としての需要が高い

 1つ目の理由としては、webデザイナーは副業としての需要がとても高いためです。構造的には、コストとしてみられがちなのと社内でもデザインの案件はそこまで定常的に発生しないため、多くの企業が外注でデザイン発注を行います。

 

そのため、webデザイナーの副業案件はクラウドワークスや副業エージェントで数多く出回っています。需要も高いため、時給相場も安定しますのでとてもおすすめです。

 

 

webデザイナーは在宅で副業しやすい

 2つ目のwebデザイナーが副業との親和性が高い理由は、在宅で行いやすいというところにあります。他の職種だと、営業マンなんかでいうと打ち合わせありきの職種といえますが、webデザイナーの場合は作業として在宅で進めてあとは電話会議などで行いやすいです。

 

働き方として現実的に、リモートではなく毎回週1でオフィスにいくのは相当な気力と体力を使います。そのため、働き方という意味でもwebデザイナーは副業に向いていると思います。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

webデザイナーが副業で収入を増やすために必要なスキル

次にwebデザイナーが副業で稼ぎやすくなるスキルを紹介します。いくつかありますが、メインはLPデザイン制作、バナー制作、アートディレクション、htmlやcssでの
実装が需要が高く、時給相場も高いです。

 

LPデザイン制作

まずもっともメジャーなwebデザイナーの副業案件は、LP制作です。LPのおもにデザインの制作についての副業案件が多いです。LPだとそこまで数が多くないので、ショットでのクラウドワークスや副業案件での週1の稼働が需要が高いと思います。

 

イラストレータやPhotoshopそれから、Sketchなどのツールで行う副業案件が多いかと思います。 時給相場は、クラウドワークスだと1500円などで低めですが手軽にできるのでクラウドワークスで取り組んでから、より本格的に副業を行うことで低い給料から高い給料へ行きたい場合は、先ほど紹介した副業エージェントを活用しましょう。

 

バナー制作

2つ目に需要が多いのは、バナー制作です。バナー制作の場合はLP制作よりもライトに作れるため、1つで500円などのような場合か3つでセットで1500円などが多いかと思います。

 

バナー制作でもLP制作と同様に、ツールを使い在宅で行えるため非常に取り組みやすいと思います。

 

アートディレクション

 アートディレクションはwebデザイナーのなかでもスキルが高い人材向けの案件になります。主に、webデザイナーの取りまとめやデザインルールの策定などが該当します。そのため、クラウドワークスでの需要はあまりなく、副業エージェントでの紹介が多いと思います。

 

ハイスキルの代わりに時給相場も高く、アートディレクション系の場合は時給2500円から3000円が多いかと思います。ぜひwebデザイナーで給料が低いけどスキルに自信がある方は副業エージェントに応募しましょう。

 

htmlやcssでの実装

こちらもwebデザイナーでハイスキル向けの案件です。htmlやcssはおもにフロントエンドのエンジニア向けのプログラミングですが、簡単な実装としてLP制作などと一緒に出来るととっても時給相場が高くなります。

 

普通のLP制作だとそこまで高くないですが、セットで実装もできるwebデザイナーだと時給3500円などもねらえると思います。ぜひ副業エージェントに応募しましょう。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

webデザイナーの給料が低いことともっと副業で稼ぐ方法まとめ

 ということで、webデザイナーの給料が低いことともっと副業で稼げる方法のまとめに入ります。まず、webデザイナーの給料が低いことは構造的な理由なのでこれから風向きが変わることはないと思います。

 

しかしながら、日本国内においてはwebデザイナーは給料が低くても副業で稼ぎやすい職種であることは確実なので、ぜひここで紹介したようなクラウドワークスや副業エージェントに応募して副業で給料をアップさせましょう。