治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

30代webデザイナーの平均年収とは?副業でもっと稼げます

今回は、筆者と近い30代のwebデザイナーの平均年収ともっと収入をあげるための副業の方法を紹介します。結論から言うと、30代のwebデザイナーの平均年収は300万円から400万円です。1人暮らしは大丈夫そうですが、もっと収入が欲しいですよね。副業を上手く行えば毎月10万円ほど収入アップを狙えますよ。

 

f:id:captainpentagon:20181030165849j:plain

 

目次

 

30代webデザイナーの平均年収

では早速30代webデザイナーの平均年収をいろいろな角度で考えたいと思います。まず結論から言うと、30代webデザイナーの平均年収はおおむね300万円から400万円が多いかと思います。これ自体は分かりきっている情報ではありますので、他に昇給スピードや他のweb職種との比較、30代の平均年収との比較などを行いたいと思います。

 

30代webデザイナーの昇給スピード

まず、30代webデザイナーの昇給スピードですが、あなたが正社員であれば恐らく年に5000円程度の昇給ではないでしょうか?正社員でない場合は、仲介会社との契約次第ですがスキル次第で交渉すれば1年に数万円あげることも可能だとは思いますが、もし仲介会社が搾取するようであればあなたの手元には一切昇給分が残らないという悲しさが残ります。

 

www.youtube.com

 

webデザイナーの他のweb職種と比較した年収相場

他のweb職種との比較でいうと、残念ながら30代webデザイナーの年収は低めです。他のweb職種とは、プロダクトマネージャーやプロジェクトマネージャ、エンジニア、ディレクターなどが比較的高い年収相場になっていて、webデザイナーはQAやフロントエンドエンジニアと同じ程度です。

 

そのため、webデザイナーの平均年収はほかのweb職種と比較しても低めと言わざるを得ないのが実情です。大手デザイン事務所などでは、webデザイナーの管理職などもあるためもっと年収が高い30代のwebデザイナーもいますが、あまり数は多くないでしょう。

 

30代の平均年収との比較

ではもっと大きな視点で、他の30代の平均年収との比較を行いましょう。30でいうと、早い人でホワイトカラーの管理職もいますし、油が乗り始めるころですよね。30代の平均でいうと日本全体では、500万円か600万円が相場ではないでしょうか?

 

上場企業や一流企業の30代だと、1000万円は超えていると思いますが、比率でいうとそのような高収入の会社員は数%しかいません。とはいえ、30代webデザイナーの平均年収は世の中的な平均年収と比較しても高くはないのが実情です。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

 

30代webデザイナーは副業でもっと稼げる!

では、このまま低い給料で甘んじて働くしかないんでしょうか?世の中的にはこういう場合は転職をおすすめするでしょうが、転職はリスクもつきものですから判断が難しいものです。そのため30代webデザイナーでもし年収に悩んでいるのであれば、筆者的には副業をおすすめします。

 

30代webデザイナーの副業とは

では、30代webデザイナーにおすすめな副業案件とは何でしょうか?筆者的には、30代と経験もある程度あってスキルも高い年代なのでぜひ単価の高い副業に最終的には挑戦したほうがキャリアデザイン的にもよいと思っています。

 

筆者も副業をしていますが、経験的には経験年数3年程度のwebデザイナー経験があると好ましいですね。スキル的には、webデザイナーとして一般的なLP制作やバナー制作を中心にコミュニケーションスキルが高い人材が副業案件では好まれます。

 

30代webデザイナーの副業収入目安

30代webデザイナーが副業でいくらくらい毎月副収入としてもらえるか?ですが、簡単な副業であれば毎月3万円程度、もう少しスキルの必要な案件で週1程度稼働すると毎月10万円です。

 

時給単価でいうと、クラウドワークスだと1500円程度、副業エージェントが紹介する週1や週3での副業案件の場合は時給単価が2500円になります。ですので、もし30代webデザイナーの平均年収が350万円だとすると手取りがだいたい20万円ですから、半分も稼げることになります。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

30代webデザイナーにおすすめな副業案件

では早速30代webデザイナーにおすすめな副業案件を紹介します。大枠でいうと、クラウドワークスで手軽に取り組んで感触をつかんでから、徐々に時給単価の高い副業エージェントが紹介する副業案件に取り組むとよいかと思います。

 

30代webデザイナーおすすめ副業①クラウドワークス

1つ目はクラウドワークスです。クラウドワークスとは、様々な企業や個人が外注でお願いしたい案件をクラウドワークス上で発注しているので、それを内容と時給を見て案件募集者が受注するという流れです。

 

1回ぽっきりでおこなってもいいですし、継続して受注してもよいです。クラウドワークスで副業として副収入を得る感覚と流れをつかめれば、そのまま副業エージェントが紹介する週1程度から始められる案件でもっと高副収入を狙えます。

 

 

30代webデザイナーおすすめ副業②workship

2つ目は、Workshipフリーランス です。workshipは、ハイスキル人材向けの副業エージェントです。30代のwebデザイナーは、経験年数もあって油が乗っているのでworkshipがおすすめです。

 

Workshipの場合は、時給相場も高い代わりにスキルも高めの人材を求めているので、自身がある方はぜひ登録して面談を応募しましょう。workshipの詳細な体験談はこちらにかいています。

 

 

www.marunouchi.tech

 

30代webデザイナーおすすめ副業③プロの副業ホールハート

3つめは、2つめのworkshipと同じでプロの副業ホールハート です。こちらも時給相場は高めで2500円が多いです。案件数も豊富ですし、Workshipよりもスキルは低めでも大丈夫なのでまずは応募して面談をするところから行うとよさそうです。プロの副業ホールハートの体験談はこちらに書いていますよ。

 

 

www.marunouchi.tech

 

30代webデザイナーの平均年収とおすすめ副業まとめ

では最後に、30代webデザイナーの平均年収とおすすめ副業のまとめを書いていきたいと思います。30代webデザイナーの平均年収は、300万円から400万円です。そして、30代webデザイナーは副業にとても親和性が高く、もっと副業で稼ぐチャンスがあることを知ってもらえればとても嬉しいですね。

 

 

www.marunouchi.tech