治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

バナー制作で副業!?webデザイナーは初心者でも在宅で収入アップ

こんにちは、今回はwebデザイナーがバナー制作で副業を行い、毎月の収入をアップする方法を紹介します。webデザイナーと副業の親和性は本当に高く、経験年数が少なくても副業で稼ぐことが可能です。特にバナー制作での副業需要はとても高くおすすめです。

 

f:id:captainpentagon:20181031132314j:plain

 

目次

 

バナー制作とは

バナー制作とは、webデザイナーにとって極めて基本的なデザイン制作スキルの1つです。バナーとはいわゆるサイト内に貼ってあるよく見る広告のようなものでして、webデザイナーであれば誰でも知っていると思います。そのバナー制作というスキルが副業で非常に稼げるのですね。webデザイナーであれば必須であるバナー制作でどうやって稼ぐかの解説の前に、バナー制作にまつわるいろいろなことを解説していきます。

 

www.youtube.com

 

バナー制作に必要なスキル

まずバナー制作に必要なスキルは、デザインソフト(Photoshopやイラストレーター)を使えることと、静的な画面のデザインを行えること、この2点になります。前者は文字どおり、ツールを使いこなすことですし、後者であればhtmlやcssを使えることが挙げられます。

 

webデザイナーの場合は、ポートフォリアが重要だったりするので、デザインツールを駆使して見栄えの良いイケてるデザインを作れるスキルが必要です。副業で稼ぐことを考えると、いかに案件を受注できるかが重要なのでデザインツールのスキルは欠かせません。

 

また、静的ページの実装も重要なスキルです。htmlやcssであればそこまで難しくはないので、ぜひ静的ページのコーディングスキルも身につけてwebデザイナーとしてバナー制作で稼げるだけのスキルを身につけるとかなり生活がよくなると思います。

 

バナー制作の副業で稼げる単価相場

またwebデザイナーがバナー制作でどれだけ稼げるのかですが、どの副業形式で行うかによっても変化しますが、概ね時給でいうと1500から2500が相場です。低めの1500円の場合であれば、クラウドワークスを中心に案件が豊富にあります。

 

もっと高い時給相場である2500円の場合は、副業エージェントに登録して面談を行い採用されることが必要です。ここまでいくと、かなりの時給単価になりますから副業収入が毎月10万円ほどまで行くことも可能です。筆者の場合は、在宅で週1勤務で毎月10万円程度です。

 

バナー制作副業で必要な時間

では、webデザイナーが副業でバナー制作でどれだけの時間が必要になるでしょうか?残業で副業どころではないwebデザイナーも多いでしょうから、参考までに書いていきます。目安では、クラウドワークスレベルであれば本当に週1案件で1案件あたり1時間で1500円ですし、副業レベルであれば週4時間からのバナー製作で毎月5万円程度です。

 

しかも在宅で行えるので片手間で行えるのがwebデザイナーの副業の魅力です。web系の職種は総じて副業で在宅で完結しやすいのでおすすめです。

 

バナー制作のための練習・作り方

バナー制作を実際に行う上で、どのように考えて制作すればいいのか練習すればいいのかについて、webディレクター目線でお答えします。基本的にwebデザイナーはwebディレクターと目線を合わせてすり合わせながら制作することになるのが大半なのでwebディレクター目線での考え方も参考になると思います。ロジカルに考えると、バナーの訴求内容とターゲットを決める、表示要素と優先順位を決める、ビジュアルに落とす、です。

 

バナーの訴求内容とターゲットを決める

まず最初にやりたいことは、バナーの訴求内容とターゲットを決めるです。目的設定に近いかもしれません。ここはwebディレクターやクライアントと会話をして認識を合わせたうえで、進められると好印象につながります。

 

例えば、車のバナーであっても、新婚で子供が出来て初めての車購入というターゲットなのか買い替えのターゲットなのかでもバナー制作のコンセプトが変わりますし、訴求内容も変わりますよね。こういったコンセプトを考えられるとよりよいバナーが制作できます。

 

バナーの表示要素と優先度を決める

次に、バナーの表示要素と優先度を決めます。つまり、例えば新婚で子供が出来て初めて買うケースだと、安さと安心さをバナーで訴求することになりますが、安さと安心さのどちらが優先度が高いのか?によって最終的なビジュアルに影響します。

 

バナービジュアルに落とす

そして最後に、先ほどのバナーの表示要素と優先度に従って、ビジュアルに落とします。最初に工程がうまくいけば、あとはwebデザイナーとしてのビジュアル作成の見せ所です。

 

バナー制作は在宅で可能なので副業向き

冒頭でも説明しましたが、webデザイナーのバナー制作はかなり副業に向いています。多くのwebデザイナーは女性だと思いますが、女性の場合は家事をしつつ働きながらなので通勤時間でさえ勿体ないですよね。

 

そこで親和性が高いといえるのが、多くのwebデザイナーのバナー制作の副業は在宅で可能という点です。実際、在宅でOKという案件はクラウドワークスを中心にありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

バナー制作で副業する

では早速、webデザイナーがバナー制作でどうやって副業出来るかを紹介します。おすすめの取り組み方は、初心者であればまずクラウドワークスで手軽に気軽にバナー制作の案件を行い、慣れてきてもっと稼ぎたくなれば副業エージェントに相談するという流れがよいかと思います。

 

既に慣れているあるいはすぐにでも高単価で副業したい場合は、すぐに副業エージェントに駆け込みましょう。

 

バナー制作副業①クラウドワークス

 まず1つ目のwebデザイナー向けのバナー制作の副業は、クラウドワークス です。クラウドワークスは副業案件が多く有名です。webデザイナーの案件としては、バナー制作だけでなくLP制作などもあるため豊富な案件に出会えることが可能です。

 

バナー制作でいうと、概ね1500円程度の案件が多いかと思います。作業時間もそこまでかからないため、気軽に始める点でwebデザイナーで副業初心者にとてもおすすめです。

 

バナー政策副業②副業エージェント

webデザイナーにおすすめのバナー制作の副業でいうと、副業エージェントに案件紹介を貰えるともっと高単価で副業収入をあげることが出来ます。 副業エージェントのバナー制作の場合は、バナー制作だけでない案件の場合が多いですが、週1の稼働で毎月10万円程度稼ぐことが可能です。

 

そのため、時給単価でいうと2500円と跳ね上がります。スキルが高いともっと時給単価があがるのが特徴です。スキルに自信があればぜひ挑戦しましょう。

 

Workship

おすすめの副業エージェントの1つ目は、Workshipフリーランス です。Workshipは、比較的経験年数がありスキルに自信があるwebデザイナー向けの副業エージェントです。そのため、時給単価も高く非常におすすめです。こちらに筆者の副業体験もあります。

 

 

www.marunouchi.tech

 

プロの副業ホールハート

2つ目は、プロの副業ホールハート です。ホールハートは、Workshipよりも大衆向けでそこまでスキルがなくても大丈夫です。とはいえ、経験年数でいうと2年はほしいかなというところだと思います。プロの副業ホールハートも、時給単価は2500円からなのでとてもおすすめですよ。こちらも筆者の副業体験があります。

 

 

www.marunouchi.tech

 

 

バナー政策のデザイン参考サイト

バナー制作に関して様々なデザインが乗っているサイトがあるため、こちらを参考にするといろいろなデザインの知識がもてるためおすすめです。

 

retrobanner.net

 

 いろいろなバナーデザインを参考にできます。

  

webデザイナーのためのバナー制作副業まとめ

まとめますと、あなたがもしwebデザイナーであれば副業をしないことはもはや機会損失に近いです。webデザイナーという職種を選んでいる以上は、副業込での年収を考えるべきとさえ思っています。

 

いろいろな働き方がある中で、バナー制作で副業でいればもっと収入もあがりますし、主婦になってからもお小遣いが稼げます。ぜひ参考にしてみてくださいね。