治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験、UXデザインやwebの副業情報などを紹介します

治験の合格率とは?事前検診が超大事

こんにちは、年末年始に治験でもやろうかなと思っている方いると思います。今回は、治験の合格率と合格するために大事な事前検診について受かるコツを共有したいと思います。

 

治験に挑戦するにあたって、そもそも合格率つまり倍率は気になりますよね。公式には合格率は開示されていませんが、概ね60%くらいになるように募集しているというのが肌感です。

 

f:id:captainpentagon:20181112164039j:plain

 

目次

 

治験の合格率とは

まず治験の合格率は公式に開示されていないので、筆者の肌感をもとに仮説をたてるならば、60%程度かと思います。ここでいう合格率とは、実際に治験の事前検診に参加した中で合格した人の率ですね。

 

厳密には、治験は電話でスクリーニングしてその中で事前検診に来てほしい人を、治験側で絞って検診するケースが多いです。検診でも受かれば晴れて本参加者となるわけですね。

 

治験における合格とは

ただ治験における合格とは、2種類あります。1つは、マジョリティである本参加メンバーです。本参加メンバーとは、治験の被験者としての最有力候補です。この中で何人かドタキャンや体調不良者が出るので、2つ目として補欠要因を治験としては合格させます。

 

補欠要因の場合は、欠員が出ない限りは医療機関まで当日出向いて1日待機して、何もなければそのまま帰宅する形式です。この場合は、1万円程度しか報酬としてもらえないと思います。

 

 

治験の合格率を上げるには事前検診が超大事

で、結局合格率は60%だとしても40%は落ちるのかーと思うと、結構落ちている感覚ですよね。なので、治験の事前検診に受かるコツというのも知ったほうが便利です。基本的にはそこまで難しいことはしないので1つ1つしっかりと準備していきましょう。

 

治験の合格率を上げるコツ

治験の合格率を上げるコツとしては、水を飲む、過度な運動を避ける、酒を飲まない、油ものを控える、態度は誠実に、というのが基本原則だと思います。治験の事前検診だけ参加して交通費だけ受け取るなん。てかなりの時間がもったいないです。

 

やるからには、しっかりと準備して治験の合格率をあげにいきましょう。治験における合格率をあげるためのコツというのは、いくつか情報としてまとめています。例えば、

 

 

www.marunouchi.tech

 

こちらでも治験の事前検診に受かりやすくなるための5つのコツを提供しています。

 

 

www.marunouchi.tech

 

こちらの情報も同じような視点で、治験の事前検診に合格するための視点をまとめています。

 

一方で治験で落ちる確率は40%ということなんですが、落ちるということに関して焦点を当てて情報をまとめているものもあります。

 

 

www.marunouchi.tech

 

治験は本当に1度やればこんなに楽に数十万円を得られるのか?と目からうろこなバイトです。治験は健康上のリスクを背負っての高額報酬なんじゃないの?と思った方もいるでしょうが、実際には治験で国内において死亡例はほぼないです。というのも、国内の治験は厚労省が管理していますからほぼほぼ安全です。死亡リスクがあるのは、外国の治験の場合です。

 

 

www.marunouchi.tech

 

治験で合格したいならJCVN

最後に治験で合格して高額報酬を得たいのであれば、数ある治験サイトの中でいうとJCVNが圧倒的におすすめです。おすすめな理由としては、老舗であること、案件が豊富で高額案件も多いこと、墨田病院の看護師がかわいいことがあげられます。

 

 

www.marunouchi.tech

 

JCVNでなくても大丈夫ですが、他のサイトだと特定の地方に強かったり特定の疾病に強かったりと、結構対象範囲が限定されてしまいます。治験バイトは、いくつものサイトで登録して合格率を上げるのが基本的な戦略になりますが、まずはJCVNがおすすめです。

治験の合格率まとめ

ということで治験の合格率のまとめに入ります。まず合格率でいうと、60%くらいなのでだいたい事前検診に参加すれば合格は可能です。ただし、紹介したように水をたくさん飲むとか過度の運動を控えるとかの準備は必須です。

 

逆にいうと、それだけのことをして数日間看護師に身をゆだねるだけで数十万円もらえる可能性があるのが治験です。しかも社会貢献にもなります。ということでぜひ治験で合格率を高めてがっぽり稼いでいください。